奥三界岳

奥三界岳 1,810.7m

 山行情報

山行日       2014年11月22日(木) 晴れ

山頂所在地/山域  岐阜県/東海 阿寺山地(御嶽山系)

アクセス/出発地  車/川上林道ゲート脇駐車場から往復

行程詳細      川上林道ゲート脇駐車場(7:10-7:40)→ 登山道入口(8:07)→ 夕森田立林道出合(8:56)→ 作業小屋(10:00)→
          奥三界岳山頂(11:09-12:00)→ 作業小屋(12:55)→ 夕森田立林道出合(13:46-13:50)→ 登山道入口(14:26)→
          川上林道ゲート脇駐車場(14:43)

所要時間/距離   行動時間:6時間8分 休憩時間:55分 合計:7時間3分/10.0km

服装/装備     ソフトジャケット、長袖山シャツ、半袖シャツ、トレッキングタイツ、トレッキングパンツ、登山靴

GPSログ      GPX  KML  標高CSV    商用以外であれば自由に利用できます。

   この地図は、国土地理院発行の電子地形図(タイル)を複製したものです。
   無断転載を禁じます。

ルート図


 山行記録

7:10 川上林道ゲート脇駐車場に到着(写真)。

先着の車が2台あり、1人の登山者が出発して行った。

7:40 川上林道ゲート脇駐車場を出発。

ゲートを越え川上林道に入る。少し風があり肌寒い。20分ほどで銅穴ノ滝(写真)の見える橋を渡ると、ほどなく登山道が左に分岐する。

8:07 登山道入口に到着(写真)。

左の奥三界岳・一ツ滝方面の道に入る。

小さなピークを越え渓流に架かる吊り橋(写真)を渡る。足下の板がかなり危うい。

対岸の急斜面に取り付き、ジグザグに5分ほど登り、一ツ滝への道(写真)を直進方向に分ける。
急登を半分ほど登った辺りで暑くてジャケットを脱ぐ。

ヒノキ林(写真)に入ると折り返しでウッカリ直進してちょっと間違えるが、すぐにリカバーする。
傾斜がゆるみほぼ直線的に登るようになると、ほどなく夕森田立林道に飛び出す。

8:56 夕森田立林道出合に到着(写真)。

林道を右に進み、1時間あまりの林道歩きが始まる。

夕森山を南東に見るようになると、道標を左に折り返すように上がり(写真上)、崩落した岩がゴロゴロする場所(写真下)を何箇所通過し、朽ちかけた作業小屋に着く。

10:00 作業小屋に到着(写真)。

ここから右斜面を上がり尾根に乗る。

ジグザグの登りから雑木林を抜けると、P1708の山腹の笹原(写真上)をゆるやかにたどるようになり、笹原の向こうには薄く雪化粧した中央アルプス(写真下)が見えてくる。

石がごろごろした沢の登り(写真上)から再びP1708の山腹をたどった後、少し残雪のある雑木林の中の平坦(写真下)が続き、笹の目立つゆるやかな登りから山頂に出る。

11:09 奥三界岳山頂に到着(写真右上、下)。昼食。

狭い山頂には展望台が設置され、ますます狭くなっているが、その展望台からの展望は良い。
噴煙を上げる御嶽山や白山、恵那山、明日登る小秀山などの展望(写真下)が広がる。

12:00 奥三界岳山頂を出発。

13:46 夕森田立林道出合に到着。小休止。

13:50 夕森田立林道出合を出発。

14:43 川上林道ゲート脇駐車場に到着。

御嶽山

白山

恵那山


 感想

とにかく林道歩きが長い。が、それを含めて、笹原、石がごろごろした沢、時折姿を見せる中央アルプス、山頂からの御嶽山や白山、恵那山などの展望、変化のあるコースで時間の長さを忘れさせてくれる。


 日帰り温泉

道の駅温泉 かれん

ごく普通の温泉。それほど広くはないが、人が少ない。土曜日の書き入れ時なのに、入っているのは3〜4人程度。その分ノンビリできて良いのだが。。。休憩所は狭い。食事処はちょっと高級そう。
国道を挟んだ反対側にある湯ったり館は大盛況のようだ。
駐車場で車中泊。外にトイレがあるためか、車中泊の車が多い。