WordPressでブログを始めた

@nifty LaCoocanでWordPress

2017年8月から@niftyのLaCoocanで始めたホームページ(HP)。ブログ風にWeb日記を書いていたが、たった1つの記事をアップするにもHP全体をアップロードしなければならず、なかなかに面倒くさい。ちょっと修正など、とてもその気にならない。
LaCoocan内で簡単インストーラーなるもので、ブログ作製で有名なWordPressをインストールできることを知る。
ブログやWordPressの知識もなく立ち上げられるのか???悩みつつ半年以上。その間WordPressの使い方などをネットで調べたものの、見切り発車で始めることにした。
産むが易しとはこのことだろう。と言うか、始めるだけなら思い悩むほど難しくはなかった。始めるだけなら。。。

テーマにSimplicity2を選択

WordPressではテーマと呼ばれる、ブログやWebサイト全体のデザインや構成、骨組み、表示される機能などを決定するテンプレートのようなものがある。標準で3つほど入っているものの、無料配布されているSimplicity2に決定。
理由は、ノウハウがネット上に数多くあること、開設中のHPのデザインに近いこと。
ただ、Simplicity2のカスタマイズ機能だけでは、とても満足できるデザインにはならない。

Simplicity2カスタマイズの限界

特に以下の4つはどうしても変更したかった。
1.全体をHPと同じ幅にすると、サイドバーが右にはみ出す。
2.サイドバーのフォントが大きい。
3.フッターを「Copyright Kazu Sasaki. All right reserved. 」にする。
4.サイトタイトルの装飾。

タイトルカスタマイズ前
タイトルカスタマイズ前
フッターカスタマイズ前
フッターカスタマイズ前

子テーマとテーマエディター

解決策はあった。
Simplicity2の子テーマをインストールし、style.cssとjavascript.jsに設定を追記する。なぜ直接Simplicity2ではなく子テーマなのかは、こちらを参照。
結果完璧ではないが、納得できるデザインになった。

タイトルカスタマイズ後
タイトルカスタマイズ後
フッターカスタマイズ後
フッターカスタマイズ後

他にもサブメニューの幅を文字数に合わせたり、サイドバーのタグの表示をスッキリ見やすくしたりと変更。

カスタマイズ後のサブメニュー
カスタマイズ後のサブメニュー
カスタマイズ後のタグ
カスタマイズ後のタグ

「Simplicity2を自分好みに変える」を登録


詳細の手順や記述するCSSコードなどは後日「おぼえ書き」にアップ予定。
ホームページの『おぼえ書き』に「Simplicity2を自分好みに変える」登録した。

2019年4月11日

『おぼえ書き』に「Simplicity2を自分好みに変える」をアップしました。

2019年4月24日

『おぼえ書き』の「Simplicity2を自分好みに変える」のレイアウト変更とさらに項目を追加した。

コメント