宝永山

宝永山 2,693m

 山行情報

山行日       2015年6月28日(日) 快晴

山頂所在地/山域  静岡県/富士山

アクセス/出発地  車/新五合目駐車場 富士宮口五合目~五合目宝永入口

行程詳細      富士宮口新五合目駐車場(8:40-8:45)→ 富士宮口五合目登山口(8:55)→ 新六合目(9:10)→
          宝永第一火口縁(9:18-9:23)→ 宝永第一火口(休憩場)(9:29)→ 宝永山馬の背(10:05)→

          宝永山山頂(10:11-10:25)→ 宝永第一火口(休憩場)(10:39-11:10)→ 宝永第一火口縁(11:16)→
          宝永第二火口縁(11:23)→ 山体観測装置(11:25-11:30)→ 宝永第二火口縁(11:37)→
          五合目宝永口(11:50)→ 富士宮口新五合目駐車場(11:59)

所要時間/距離   行動時間:2時間19分 休憩時間:55分 合計:3時間14分/7.2km

服装/装備     半袖シャツ、トレッキングタイツ、トレッキングパンツ、トレッキングシューズ

GPSログ      GPX  KML  標高CSV    商用以外であれば自由に利用できます。

   この地図は、国土地理院発行の電子地形図(タイル)を複製したものです。
   無断転載を禁じます。

ルート図

過去の山行記録   2014年3月23日(日) 宝永山(積雪期)


 山行記録

8:40 富士宮口新五合目駐車場に到着(写真)。

登山口まで行くが満車状態で、グルッと一周して一番下の駐車場まで戻る。あちこちにある広い駐車場がこれほどの混みようとは。。。

8:45 富士宮口新五合目駐車場を出発。

途中でレストハウスのトイレに寄り登山口に向かう。

8:55 富士宮口五合目登山口に到着(写真上)。

石段を上がり山頂方面を見ながら登ると、五合目公衆トイレ(写真下)がある。
岩場の折り返しを登ると、駿河湾や伊豆半島、富士市街、三保などの展望が開ける。

この先は山腹をゆるやかにたどり(写真)新六合目に向かう。

9:10 新六合目に到着(写真)。

多くの登山者が休憩している。

9:18 宝永第一火口縁に到着(写真)。小休止。

展望が良いせいか、座って休憩している登山者もいる。

9:23 宝永第一火口縁を出発。

第二火口の縁をゆるやかに下る(写真)。

9:29 宝永第一火口(休憩場)に到着。

ベンチやテーブル(写真上)、宝永第一火口の標柱(写真下)がある。

ザクザクの火山礫の道(写真)を3回折り返し、その先の分岐を左に進めば、ほどなく馬の背に登り着く。

10:05 宝永山馬の背に到着(写真上、下)。

稜線を南へたどる。

富士山山頂

10:11 宝永山山頂に到着(写真上)。小休止。

大パノラマが広がる南側は頻繁に雲が湧き上がり、あまり展望は良くないが、反対側の山頂(写真下)はよく見えている。

10:25 宝永山山頂を出発。

馬の背との中間あたりで左へ下る道に入り、ショートカットして往路と合流する。

10:39 宝永第一火口(休憩場)に到着。昼食。

11:10 宝永第一火口を出発。

11:16 宝永第一火口縁に到着。

前方に第二火口縁と山体観測装置の道標を確認(写真)し、第二火口縁方面へと下り、五合目宝永入口への道を右に見送る。
さらに火口縁をゆるやかに下ればほどなく山体観測装置に着く。

宝永山山頂

11:25 山体観測装置に到着(写真上)。小休止。

冬季に歩いた御殿庭上から宝永山へのコースを一望し、感慨にふける。
ただ、宝永山(写真下)は一望できたものの、ますますガスが上がり南側の展望は期待できない。

11:30 山体観測装置を出発。

先ほど第二火口縁(写真)で見送った五合目宝永入口への道に入り、樹林帯の中をたどる。

途中で村山古道下山口と登山口の道標(写真)を見つける。何度か通っているはずなのに、今回初めて知った。
ほどなく車道に飛び出す。

11:50 五合目宝永入口に到着(写真)。

見渡す限りの駐車場は車で埋め尽くされている。

11:59 富士宮口新五合目駐車場に到着。

下の駐車場も多くの車が停まっている。


 感想

久し振りの宝永山。足慣らしにと思ったが、物足りなかった。混むだろうとは予測していたが、それにしても大賑わいだった。