クイックスタートでiPhone 12をセットアップ

クイックスタートでiPhone 12をセットアップ Set up iPhone 12 with Quick Start

iPhone 12事前準備
iPhone 12開封
iPhone 12の設定

データ転送準備〜パスコード、Face ID、データ転送方法選択

iPhone 6s PlusからiPhone 12にデータを転送
Apple IDパスワード入力
データ転送完了後に行うべき作業
感想とその後の顛末


12月1日にApple Storeで注文したiPhone 12 128GB ホワイトが翌日の2日夕方届いた。Apple Storeでさんざん購入してきたが、翌日到着なんてのは初めて。。。在庫たっぷりなのか、売れ残っているのかはさておき、そうそうにセットアップに取り掛かる。
前回(5年前)iPhone 6s Plusに変えたときはiCloudを利用してデータを移行したが、今回は「クイックスタート」を試してみることにした。って言うか、5年前は「クイックスタート」なんてなかったのだ。


事前準備

iPhone 6s Plus(旧iPhone)
 ・WiFiとBluetoothをオン
 ・使用中のApple IDとパスワード
 ・パスコード(普段使っているので、忘れているはずはないが。。。)
 ・Apple Payに登録したクレジットカードや交通系ICカード、GoogleやAmazonなどの2段階認証の情報は、移行されないので確認しておきましょ
  う。
iPhone 12 128GB ホワイト(新iPhone)
 ・一度も電源を入れていなければ、何もしなくて良い
 ・初期セットアップやiOSのアップデートなどを行った場合は初期化する(クイックスタートはまっさらの状態でのみ可能)


iPhone 12開封

アップルらしい箱を開けると、iPhone 12の背面が上になって入っています。
その下に同梱品のマニュアルとUSB-C – Lightningケーブルが入ってますが、USB-Cは接続できるポートがないんだよな〜。まあ、今まで使ってたUSB-A – Lightningケーブルがあるから困りはしないけど。。。今回唯一のマイナスポイント。

さっそく電源を入れてみる。当然ながら(?)無事アップルのロゴとともに起動した😄。


iPhone 12の設定

  1. iPhone 12の電源を入れた後iPhone 6s Plus(当然電源はオン)の近くに置くと、iPhone 6s Plusにクイックスタート画面が表示される。

  2. iPhone 6s Plusに「新しいiPhoneを設定」というメッセージ表示され、その下に設定に使用するApple ID が表示されるので、実際に使用中のApple IDであることを確認し、[続ける]をタップする。
  3. iPhone 12にアニメーション(水色のモヤモヤ)が表示されたら、iPhone 6s Plusに表示された円(ファインダー)の中央にアニメーションが収まるように翳す。
    (参考)ファインダー下にある「手動で認証」をタップし、画面に表示される案内に沿って手動で進めることも可能(説明は割愛)。

データ転送準備〜パスコード、Face ID、データ転送方法選択

(注)データの転送が終わるまで、2 台のデバイスを電源につないだまま、互いに近付けておく。

  1. しばらくして、iPhone 6s Plusに「iPhone 12の設定を完了」、iPhone 12に「ほかのiPhoneのパスコードを入力」が表示されたら、iPhone 12にiPhone 6s Plusのパスコードを入力する。
  2. 「Face ID」で Face IDを設定する。
    私はセットアップ完了後に設定するため最下段の[あとで”設定”でセットアップ]をタップして先に進んだ。
  3. 「データを転送」で[iPhoneから転送]をタップ。
  4. 「利用規約」で[同意する]をタップ。
  5. 「ほかのiPhoneから設定」で[続ける]をタップ。
    Apple Watchなどを登録していると、ここに出てくるようだ。

iPhone 6s PlusからiPhone 12にデータを転送

  1. iPhone 6s Plusは「データを転送中」、iPhone 12は「”iPhone 6s Plus”からデータを転送中」と表示される。
  2. iPhone 6s Plusは「転送中が完了しました」と表示され([続ける]をタップすると通常の操作が可能になる)、iPhone 12は自動で再起動する。
  3. iPhone 12で「復元しました」が表示されたら[続ける]をタップ。
  4. 「True Toneディスプレイ」で[続ける]をタップ。
  5. 「ようこそiPhoneへ」で[上にスワイプして使用開始]をスワイプする。

Apple IDパスワード入力

  1. iPhone 12でApple IDのパスワードを入力すると、「2ファクタ認証」画面になり、iPhone 6s Plusに提示された「Apple ID確認コード」を入力すると、[設定]−[Apple ID]画面になる。
  2. セットアップ完了。iPhone 6s Plusとまったく同じになりました😊👍。
    メールの未読数の違いはドコモメール未設定のためですね。

データ転送完了後に行うべき作業

・SIMカードをiPhone 12にセットする。SIMカードの取り出し、取り付けは電源をオフにして行うこと。
・iPhone 12の名前を変える。[設定]−[一般]−[情報]−[名前]
・Bluetoothデバイスのペアリング。
 私がペアリングしている3つのデバイス(カーナビ、Fitbit Inspire 2、ワイヤレスイヤホン)は、すべて引き継がれていなかった。
・ドコモメールを使用している場合は、iPhone 12からdアカウントでログインし設定する。「ドコモメール利用設定」参照。
・Apple Payに登録していたクレジットカード/Suica/PASMOなどは再設定が必要になる。
・iPhone 6s Plusを下取り準備(リセット、クリーニングなど)。保護フィルムを剥がし、汚れを取り除き、できる限り綺麗にする。
 「iPhone、iPad、iPod touch を売却、譲渡、下取りに出す前にやっておくべきこと」参照。
・さらに、「iPhone、iPad、iPod touch の設定の最終作業」も参考にしてください。


感想とその後の顛末

写真撮影しながらでも、トータルで40分ほどで終了した。事前準備さえキチンとしておけば、あっという間に終わってしまい、ちょっと拍子抜けした。ちなみにiPhone 6s Plusは64GBで10GBほどの空きだった。iTunes経由でどれくらい掛かったか覚えてないが、こんな簡単な「クイックスタート」を使わない手はないでしょう。

実は事前に iPhone 12のアップデートをしていなかったため、途中思いがけず始まってしまった。
事前にクイックスタートのやり方の書き込みを幾つかネットで確認したが、いずれも最初にiPhone 12のアップデートをしておくよう注意している。そしてデータ移行のプロセスの中でアップデートされるという書き込みは見掛けなかった。さらに、バージョンがiPhone 12<iPhone 6s Plusだとデータ移行はされないとの書き込みが散見された。ただ、アップルのWebサイトでは「iOS 12.4 以降または iPadOS」としか記載がない。

私はというと、iPhone 12のアップデートせずに始めてしまった。迂闊にもiOSのバージョンのことが、すっかり頭から飛んでいたため、思いがけずアップデートが始まったときは驚いた。

セットアップ完了後、さらにネットを調べていると、iOSのバージョンが新iPhone<旧iPhoneだと通常のクイックスタートと異なる手順になるらしい。
Face ID設定後右の画面になったら、[Appとデータを転送しない]をタップし、通常の初期設定終了し、その後最新にアップデートしてから初期化し、クイックスタートをやり直します。

迂闊にも私はどのようにしてクイックスタートに戻れたのか覚えてないのだが、無事全てを完了できた
ので良しとしました😅。


作成日:2020年12月18日(金) 新規作成