照江寺のアジサイが満開で迎えてくれた

沼津市江浦の大日山照江寺のアジサイを見てきた。
住職が約50年前に10株を植えたのが始まりで、ご夫婦二人三脚で挿し木で増やし、現在は数百株のアジサイ園になっています。
伊豆半島の付け根の江浦湾に面した高台にあり、アジサイ園の展望台からは波静かな江浦湾が望める。
例年5月中旬から6月中旬ころまでが見ごろのようだが、今年は10日ほど早いとか。。。

照江寺駐車場入口の石碑
照江寺駐車場入口の石碑

日付:2021年6月3日(木)
場所:沼津市江浦
天気:晴れ

駐車場から門を入ると、大きな楠の木(御神木?)を挟んで石段が左右にある。右にロシア・プチャーチン提督宿泊の標柱があるので、見逃さないように。。。

照江寺門
照江寺門

右の石段を上がると右に本堂があり、アジサイが灯籠を隠すように咲いている。そして傍らには子育地蔵尊が祀られている。

照江寺本堂
照江寺本堂

さらに楠の木の巨木を間近に見ながら、両側にアジサイが咲く右の石段を上がり、開けたアジサイ園に出る。海に面した斜面には様々な色や形の花を咲かせるアジサイが満開で、日本庭園風にしつらえたアジサイ園には日除けとセットのベンチや石畳、石碑など趣がある。

アジサイは多くの種類があるが、残念ながら品種名が分らない。名前を書いた標識を付けてくれるとうれしいのだが、そこまで望むのは贅沢と言うもの。。。これほどのアジサイを見せていただけるだけでも、感謝!!

1種類だけ今まで見たことのない花を見つけた。花だけを見るとアジサイとは思えない色と形だ。

アジサイ6
見たことのないアジサイ

アジサイ園からは満開のアジサイ越しに江浦湾を望める。一段高いフェンス沿いが展望台になっているが、そこに上がる必要もないほどの絶景だ。

アジサイと江浦湾
アジサイ越しに見る江浦湾

一頻り見て回り反対側の石段を降りて行くと、楠の木の洞にトトロ発見!!なぜこんなところに???

トトロ
トトロ発見!!

国道を渡るとすぐに海で、おだやかな江浦湾には多くの漁船が係留されている。
この日は岩壁に座り、のどかな海を見ながら遅めの昼食を取った。

江浦湾と漁船
江浦湾と漁船

プチ情報

Webサイト

大日山 照江寺

所要時間

15〜20分

駐車場

境内と国道414号線を挟んだ海側にあり、合計20台ほど

開花期

5月下旬~6月中旬

縁起について

・1597年創建の古刹
・幕末にロシアのプチャーチン提督が宿泊した
・秘仏の大日如来は10年に1回の御開帳

感想

アジサイと言えば梅雨真っただ中(6月中旬)に見ごろを迎えるイメージを持っていたが、ここはすでに満開を迎えていた。残念ながら名前が分らないが、色とりどり、様々な花の形、ざっと10種類ほど見分けられた。
この日は平日と言うこともあり、見学者は私一人だけ。思う存分楽しんだ。
今年は例年より色合いが良いとのことなので、ぜひ出掛けてみてほしい。コロナ対策を忘れずに。。。晴れも良し、雨も良しでしょう!!

コメント