鍬柄岳、大桁山、破風山

そこにがあるから

 

鍬柄岳 598m、大桁山 836.1m、破風山 450m

 山行情報

山行日       2019年12月19日(木) 晴れ

山頂所在地/山域  群馬県/関東 西上州

アクセス/出発地  車/鍬柄岳登山口駐車場から周回

行程詳細      鍬柄岳登山口駐車場(8:27-8:45)→ 鍬柄岳登山口(8:46)→ 鍬柄岳阿夫利神社(8:52)→
          鍬柄岳・大桁山分岐(9:09)→ 鍬柄岳山頂(9:23-9:30)→ 鍬柄岳・大桁山分岐(9:44)→
          
大桁山登山道合流点(10:14)→ 大桁山山頂(10:34-11:08)→ 川後石峠(11:31)→
          大桁やすらぎの森入口(11:53)→ 下仁田フィッシングパーク(12:00)→ 破風山登り口(12:02)→
          破風山山頂(12:42-12:55)→ 破風山登り口(13:28)→ 鍬柄岳登山口駐車場(13:35)

所要時間/距離   行動時間:3時間56分 休憩時間:54分 合計:4時間50分/10.0km

服装/装備     フトジャケット、長袖シャツ、半袖シャツ、トレッキングタイツ、トレッキングパンツ、登山靴

GPSログ      GPX KML 標高CSV  商用以外であれば自由に利用できます。

item19
この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。 (承認番号 令元情複、 第520号)
承認を得て作成した複製品を第三者がさらに複製する場合には、国土地理院の長の承認を得なければならない。

ルート図

◎ 山行記録

すべての写真は、クリックすると拡大表示されます。
また、本文中にイタリックで
写真と記載されている場合は、青枠の写真にカーソルを移動すると、別の写真が表示されます。
山座同定に間違いがあるかも知れません。ありましたらこちらまでご連絡ください。 → コンタクト
 

kuwagaradakeogetayama28
鍬柄岳

8:27 鍬柄岳登山口駐車場に到着(写真上)。
西の開けた方向に群馬の山らしい岩峰の鍬柄岳(写真下)が見えている。なかなかの迫力だ!
朝食後準備。

8:45 鍬柄岳登山口駐車場を出発。
駐車場から30mほど戻る。

kuwagaradakeogetayama2019

8:46 鍬柄岳登山口に到着(写真上)。
ゆるやかな登りから小沢を越え、分岐を左に登れば、ほどなく鍬柄岳阿夫利神社前に出る(写真下)。登山の安全を祈願する。
すぐ先の分岐を左に取り、崩壊した沢を横切り尾根に乗るが、しばらくしてジグザグの急登から尾根を右に外しトラバース気味にたどる。

kuwagaradakeogetayama29
再びジグザグの急登から鍬柄岳の垂直の岩壁(写真)が見える尾根に乗り、やや急な登りから岩壁の西側に行き当たる。

kuwagaradakeogetayama1
9:09 鍬柄岳・大桁山分岐に到着(写真)。
道標に従って右折する。大桁山へは左に巻くようだが、道標はない。

kuwagaradakeogetayama3
岩壁下を40mほどたどり、いよいよ岩壁に取り付く。ほとんど垂直の岩壁(写真)だが、クサリも足掛かりもシッカリあり難しくはない。
足元を見ればそれなりの高度感があるので、登攀中はなるべく下を見ないようにする。

kuwagaradakeogetayama4
縦から横斜めのクサリ(写真)に変わりトラバース気味になるが、やはり足掛かりがシッカリあるので問題はない。

kuwagaradakeogetayama40
次の縦のクサリ(写真)で東側の岩尾根上に飛び出し、クサリの付いた岩場を進む。

kuwagaradakeogetayama5
石の祠を見ると、クサリの付けられた斜めの岩(写真)に出る。
幅は短いが足掛かりがなく、スリップしないよう足裏全体でグリップし、この日一番神経を集中して慎重に越える。

kuwagaradakeogetayama6
四ッ又山、鹿岳、荒船山

9:23 鍬柄岳山頂に到着(写真上)。小休止。
緑色のポールが目立つ狭い山頂には、祠山頂標識が置かれた祠(写真中)がある。
狭いお陰で360度の展望が広がる。
御荷鉾山から赤久縄山、四ッ又山、鹿岳、荒船山、物語山(写真下)、これから向かう大
桁山、破風山を一望する。

9:30 鍬柄岳山頂を出発。
下りのクサリ場は下を覗き込む分それなりの高度感はあるが、恐怖を抱くほどではない。

kuwagaradakeogetayama9
9:44 鍬柄岳・大桁山分岐に到着。
岩壁の西側を右に回り込み(写真)北西の尾根に乗る。踏み跡は薄いもののピンクテープが、しっかりしていて迷うことはない。

kuwagaradakeogetayama10
鞍部からゆるやかに登り返して林道を横切り(写真)、急登を交えて登る。

kuwagaradakeogetayama11
地形図にない登山道を横切りゆるやかに登ると、ほどなく後石峠から上がってくる土留めの階段に行き当たる(写真)。

kuwagaradakeogetayama31
その階段を50mほど登ると道は左に折れ、山腹を巻くようにゆるやかな下り(写真)となる。

kuwagaradakeogetayama12
尾根を越えるとゆるやかな登りとなり、ほどなくUターン気味に折返して登り、東南に延びる尾根に乗る。
直下の土留めの階段(写真)を急登すれば、ポンと大桁山山頂に飛び出す。

kuwagaradakeogetayama13

10:34 大桁山山頂に到着(写真上)。昼食。
山頂はくの字に細長く、山頂標柱(写真下)や三角点、関東ふれあいの道の標石がある。
展望はあまり良くないが、御荷鉾山方面と枝越しに谷川岳方面が見られる。
風はないものの日差しもあまりなく、ジッとしているとソフトジャケットを着ていても肌寒い。

kuwagaradakeogetayama32
11:08 大桁山山頂を出発。
往路を戻る。途中の鍬柄岳からの合流点に気付かないまま下り、いつの間にか林道終点(写真)に降り立っていた。
簡易舗装の林道を10分足らずで下り、後石峠に降り立つ。

kuwagaradakeogetayama15

11:31 後石峠に到着(写真上)。
右の林道をひたすら下り、14分ほどで道標を右の登山道に入る(写真下)。
途中に落石や倒木、流水で荒れた場所がある。

kuwagaradakeogetayama16

舗装路に変わり、大桁やすらぎの森入口(写真上)を過ぎ下仁田フィッシングパークの丁字路(写真下)を左に入る。

kuwagaradakeogetayama19
12:02 破風山登り口に到着(写真)。
丁字路から2つ目のカーブで、良く見れば電柱の右に薄い踏み跡が見える。

kuwagaradakeogetayama20
尾根に取り付くと、すぐに境界杭に付けられたピンクテープ(写真)が目に入る。

kuwagaradakeogetayama21

尾根伝いから小ピーク上(写真上)でやや左に折れて下り、鞍部からピンクテープを拾いながらゆるやかに登り、ピーク上の岩(写真下)を過ぎる。
ふとピンクテープがないことに気付き地図を確認し、行き過ぎたことに気付き20mほど戻る。

kuwagaradakeogetayama33
鞍部から見て左に折れ(写真)、東の尾根に乗り換える。

kuwagaradakeogetayama35
次の小ピークを左に見て進み、P404は直下に右に巻く薄い踏み跡が見えるが直接越える(写真)。

kuwagaradakeogetayama22

その後2つの岩を過ぎ、祠の置かれた岩場(写真上)を右に巻いて進み、大きな岩壁(写真下)に行き当たる。

kuwagaradakeogetayama36
右へいったん下るように大きく回り込み(写真)、岩壁の南側をトラバース気味に進む。

kuwagaradakeogetayama37
かなりの傾斜に落ち葉が積もり、滑りやすく歩き難い(写真)。落ち葉で踏み跡が不明瞭なうえ、目印も疎らになり、慎重に探しながら進む。

kuwagaradakeogetayama23
岩壁の迂回から50mほどでトラバースから急斜面(写真)をジグザグに登るようになり、木や岩に掴まりながら身体を引き上げ、悪戦苦闘して山頂に登り着く。

kuwagaradakeogetayama25
鍬柄岳、大桁山

kuwagaradakeogetayama27
榛名山

12:42 破風山山頂に到着(写真上)。小休止。
狭い山頂に山頂標識や祠、御嶽大神と刻まれた石盤が置かれている。
岩場は10mほど先まで続き、祠が置かれている。
360度の展望が広がり、御荷鉾山から赤久縄山、四ッ又山、鹿岳、荒船山、物語山、さらには今日歩いて来た鍬柄岳や大桁山(写真中)、これまで見られなかった榛名山(写真下)も一望できる。

kuwagaradakeogetayama38
12:55 破風山山頂を出発。
帰路は間違えないだろうと歩いていたら、途中で北に延びる尾根に入り込んでしまった。おそらく祠の置かれた岩場を左から巻くところ、右に巻いてしまったようだ。
幸い左に進むべき尾根が見えていた(写真)ため引き返すことなくトラバースでリカバー
できた。
往路で間違えたピークは少し手前で右の薄い踏み跡をたどりショートカットした。

kuwagaradakeogetayama39
13:28 焼破風山登り口に到着
下仁田フィッシングパークの丁字路(写真)を左折し、ほどなく駐車場に帰り着いた。

13:35 鍬柄岳登山口駐車場に到着。

 感想

鍬柄岳と大桁山の周回だけでは物足りなくて、破風山を加えた。ただ、破風山の情報が少なく、行くかどうか最後まで迷った。
鍬柄岳の岩場はクサリがしっかりしているのと、足の置き場が明確なのである程度岩登りに慣れていればまったく問題ないと思った。
破風山は踏み跡は薄いが概ね尾根通しで、目印のピンクテープは豊富に付けられている。ただその目印に頼り過ぎると、違った尾根に踏み込
むことになる。私は2度コースミスをした。コンパスと地図、あるいはGPS必須。
昼食を取るなら大桁山がいいだろう。展望はあまり良くないが、ベンチがありノンビリできる。
鍬柄岳山頂からの360度の大パノラマは文句なしだが、破風山の展望も良く、歩いて来た鍬柄岳や大桁山を一望する。ノンビリと岩に腰掛けて昼食も良いかも知れない。

Copyright © 2017-2021 そこに山があるから,kazu. All rights reserved.