飯能アルプス〜伊豆ヶ岳、高畑山、天覚山、多峯主山、天覧山

そこにがあるから

 

飯能アルプス 〜 伊豆ヶ岳 850.9m高畑山 695m天覚山 445.4m多峯主山 270.7m天覧山 197m

 山行情報

山行日       2019年12月25日(水) 晴れ

山頂所在地/山域  埼玉県/奥武蔵

アクセス/出発地  車/正丸駅前駐車場〜飯能駅

行程詳細      正丸駅前駐車場(5:40-6:30)→ 伊豆ヶ岳登山口(6:50)→ 五輪山山頂(7:33)→ 男坂・女坂分岐(7:35)→
          伊豆ヶ岳山頂(7:53-7:58)→ 古御岳山頂(8:14)→ 高畑山山頂(8:36-8:40)→ 伐採地鉄塔(8:46)→
          中ノ沢ノ頭(8:56)→ 天目指峠(9:15)→ 子の権現(9:52-10:02)→ 子の権現駐車場(10:06)→
          スルギ(10:22)→ 板谷の頭(10:58)→ 前坂(11:25)→ 大高山山頂(11:52-12:05)→
          天覚山山頂(13:08-13:14)→ 東峠(13:37)→ 釜戸山入口(14:15)→ 大倉谷分岐(14:34-14:37)→
          久須美山山頂(14:43)→ 永田山山頂(14:54-15:01)→ 飯能アルプス永田入口(15:22)→
          多峯主山山頂(16:02-16:08)→ 天覧山山頂(16:32)→ 奥武蔵自然公園標識(16:45)→ 飯能駅(17:03)→
          (西武秩父線)→ 正丸駅前駐車場(18:10)

所要時間/距離   行動時間:9時間39分 休憩時間:54分 合計:10時間33分/25.9km

服装/装備     ソフトジャケット、長袖シャツ、半袖シャツ、トレッキングタイツ、トレッキングパンツ、登山靴

GPSログ      GPX KML 標高CSV  商用以外であれば自由に利用できます。

hannoalps20191
伊豆ヶ岳、高畑山

hannoalps20192
天覚山

hannoalps20193
多峯主山、天覧山

この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。 (承認番号 平29情複、 第513号)
承認を得て作成した複製品を第三者がさらに複製する場合には、国土地理院の長の承認を得なければならない。

ルート図

◎ 山行記録

すべての写真は、クリックすると拡大表示されます。
また、本文中にイタリックで
写真と記載されている場合は、青枠の写真にカーソルを移動すると、別の写真が表示されます。
山座同定に間違いがあるかも知れません。ありましたらこちらまでご連絡ください。 → コンタクト
 

item32
5:40 正丸駅前駐車場に到着(写真)。
まだ真っ暗闇で、とても出発する気にならず、朝食を取った後車の中で休憩する。
隣の自販機で駐車チケット(500円)を購入し、車のダッシュボード上の見える場所に置く。

hannoalps2019
6:30 正丸駅前駐車場を出発。
東の空が白み始めた6時30分、長丁場に満を持して駐車場を出発する。
改札前を通り道標の立つ階段を降りる(写真)。
林道大蔵山線に行き当たり右へ折れ、渓流沿いにゆるやかに登る。途中ですっかり明るくなる。

hannoalps1
6:50 伊豆ヶ岳登山口に到着(写真)。
ここを直進すると正丸峠方面の登山道になる。
左の薄暗い沢沿いの登山道に入る。

hannoalps2
長岩橋を渡りしばらく明確な沢沿いの道が続き、15分ほどで沢が細くなるとすぐに右の沢の入口にロープが張られた沢出合(写真)で左の沢に入る。

hannoalps39
大きな露岩や倒木が目立つ荒れた沢(写真)を阿遡上する。

hannoalps40
登山口から20分あまりの沢出合(写真)で右の沢の左岸を急登し、五輪山から東に延びる尾根に乗る。短い岩場があるものの概ね、おだやかな尾根が続く。

hannoalps3
7:33 五輪山山頂に到着(写真)。
一面薄い雪に覆われている。

hannoalps4
南側を降りるとすぐに男坂・女坂分岐(写真)に出る。
2005年にここで躊躇した揚げ句、クサリ場でもある男坂を断念し、女坂に入り後悔した。今回はそのリベンジで、男坂に挑戦する。

hannoalps5

岩場直下に立ってみると、ほとんど垂直のうえ表面はツルツルだ。
右よりに3本張られたクサリに掴まり、岩の割れ目をステップに登る(写真上)。
2番目のクサリ場(写真中)には2本のクサリが付いていて、さらに垂直がきつくて途中がオーバーハングしているように見える。シッカリ鎖を掴み登る。
3番目のクサリ場(写真下)は岩場の表面がデコボコして一番登りやすい。登るに連れ岩場が狭くなる。

hannoalps38
3番目のクサリの基部から切れ落ちた左に回り込み、岩を越え木の根だらけの斜面を登る(写真)。

hannoalps41

最後の3mほどの岩場(写真上)を越えると(左を巻けるかと覗いたが、切れ落ちていた)、右から女坂が合わさり(写真下)、ほどなく伊豆ヶ岳山頂に出る。

hannoalps8
7:53 伊豆ヶ岳山頂に到着(写真)。小休止。
見慣れた山頂だが、早朝で誰一人居ない。ところどころ雪が残っているものの、まったく気にするほどではない。
西側の枝越しに大持山から小持山、前武川岳、武川岳、武甲山、二子山、北側の岩場あたりから南東方面に東京スカイツリーと新宿方面の展望があるはずだが、逆光で良く見えない。

hannoalps9
7:58 伊豆ヶ岳山頂を出発。
本当ならもっとノンビリしたい所だが、今日はとにかく長丁場、記念撮影も早々に山頂を後にする。
西側の登山道に入り、分岐(写真)で山伏峠への道を右に分け急下降する。

hannoalps43
鞍部から登り返し、隠れ小ピークを越えて土留め階段(写真)を急登する。このあたりではまだまだ余裕で、サクサク登る。

hannoalps10
8:14 古御岳山頂に到着(写真)。
東屋と数台のベンチがある。木立に囲まれ展望はあまり良くない。
岩混じりの急下降から鞍部の隠れ小ピーク上で左にカーブし、ゆるやかに登る。

hannoalps11

8:36 高畑山山頂に到着(写真上)。小休止。
ここは杉林に囲まれ展望は良くない。
山頂標識とは別に道標には「ナローノ高畑山」と書かれている(写真下)。
下山後調べたら、高畑山の住所が樽生(なろう)という場所だから「樽生の高畑山」と言うことだそう。

hannoalps12

8:40 高畑山山頂を出発。
ゆるやかな下りから伐採地の鉄塔を過ぎ(写真上)、開削中と思われる林道を横切り、小ピークの左を巻いた先で分岐(写真下)を右に入る。
中ノ沢ノ頭への分岐なのだが、踏み跡が薄く道標(写真下)も少し中ノ沢ノ頭側に付けられているため見逃しそう。

hannoalps13
8:56 中ノ沢ノ頭に到着(写真)。
山頂標識と三角点があるが、杉林に囲まれ展望はない。

hannoalps46
下山を始めると、すぐに巻き道が合わさる。
この先何箇所かロープで規制された登山道(写真)をたどり、林道の通る天目指峠に降り立つ。

hannoalps14

9:15 天目指峠に到着(写真上)。
林道を横切りすぐ右斜面に取り付き(写真下)尾根に乗る。
根っ子の飛び出した尾根をジグザグに急登し、ベンチの置かれたピークを越える。

hannoalps47

その後も幾つかの小ピーク越えから祠の祀られた小ピーク(写真上)を越え鳥居をくぐると、竹寺からの道と合わさりほどなく子の権現の社務所前(写真下)に出る。

hannoalps15

9:52 子の権現に到着。見学。
子の権現本堂(写真上)から日本一の鉄ワラジ(写真下)、鐘楼、残念ながら曇りがちで見られなかった東京スカイツリー眺望処と一通り廻ってみた。

hannoalps17
10:02 子の権現を出発。
参道を通り駐車場を抜け登山道に入る。
ゆるやかな下りから鬱蒼とした杉林をトラバース気味にたどり、尾根上になるスルギ(写真)を過ぎる。
このあたりから疲労を感じ始め、何でもないやや急な尾根を喘ぎながら登るようになる。
幾つかの小ピークを越え、堂平山への分岐のあるピークに立つ。
堂平山といえば東秩父の天文台のある堂平山を思い浮かべたが、位置的に合わない。
後日調べたら南東に300mほどにあるピークのことだった。
寄り道する気力もなく、そのまま先に進む。

hannoalps18
10:58 板谷の頭に到着(写真)。
P522で三角点があるものの、つい見逃しそうな小さなピークだ。

hannoalps50

左が切れ落ちた痩せ尾根から規制ロープの張られた急下降(写真上)が続き、地藏(写真下)を見るとほどなく林道に降り立つ。この地蔵のあたりはキワダ坂と呼ばれているようだ。

hannoalps51
5分ほどで再び登山道に入り尾根に乗ると、ほどなく登山道が交差する前坂(写真)に出る。

hannoalps20
さらに林道を横切り、木の根の飛び出した大高山山頂直下を急登する(写真)。
さすがにこの頃になると足に堪えるようになる。

hannoalps19
11:52 大高山山頂に到着(写真)。昼食。
ここはP493になるが、狭く潅木で展望は良くない。
じっとしていると肌寒い。

hannoalps53
12:05 大高山山頂を出発。
急下降からP392(吾野の頭)(写真)、P410など幾つもの小ピークを越え、東吾野からの道と合わさり、ほどなく天覚山山頂に飛び出す。

hannoalps21
大岳山、御前山

hannoalps23
棒ノ折山、川苔山

13:08 天覚山山頂に到着(写真上)。小休止。
それほど広くない山頂に山頂標識や三角点、丸太作りのベンチがある。
西側が大きく開け、大岳山や岩茸石山、御前山、棒ノ折山、川苔山、蕎麦粒山など奥多摩方面(写真中、下)の展望が広がる。

hannoalps24
13:14 天覚山山頂を出発。
いきなりの急下降から山火事の跡だろうか、木の下部が焼けたような林を過ぎ、尾根を右に外して沢沿いから林道に飛び出し、東峠(写真)から再び登山道に入る。
すぐに尾根に乗り鉄塔を過ぎると、右にゴルフ場を見ながらおだやかにたどる。

hannoalps25
14:15 釜戸山入口に到着(写真)。
釜戸山というのは、北東側のP293.2のことだろうか?
おだやかな尾根道からP280を越えると、ほどなく大倉谷分岐に出る。

hannoalps26
14:34 大倉谷分岐に到着(写真)。小休止。
左に武蔵横手駅への道が分かれる。

hannoalps27
14:37 大倉谷分岐を出発。
すぐ先で久須美への道を右に分けゆるやかに登ると、祠の祀られた小ピークに立つ(写真)。
良く見ると祠の横に「久須美山」と書かれた小さな道標(写真)がある。
さらにおだやかに尾根をたどる。

hannoalps28
14:54 永田山山頂に到着(写真)。小休止。
ケルンが積まれている。

hannoalps54

15:01 永田山山頂を出発。
尾根をゆるやかに下ると、次第に住宅街の南西側の尾根を西から南へとたどる(写真上)ようになり、小ピークを越えると尾根を左に外し(写真下)ほどなく車道に降り立つ。

hannoalps29

15:22 飯能アルプス永田入口に到着(写真上)。
車道を200mほど南下し、道標を左の沢に入る(写真下)。
ゆるやかな沢沿いの道から急登に変わり尾根を越える。

hannoalps31
さらに小ピークを越え、御嶽八幡神社からの道(写真)に出て左折する。
バイオトイレ(写真)の前を通り、ゆるやかな登りから分岐を右、左と登ればポンと多峯
主山山頂に飛び出す。

hannoalps32
富士山、大岳山、御前山

16:02 多峯主山(とうのすやま)山頂に到着(写真上)。小休止。
こんもりした山頂は広く展望も良い。
南西側には今まさに沈もうとしている太陽と富士山や大岳山、御前山などの展望が広がる(写真下)。

hannoalps34
16:08 多峯主山山頂を出発。
東側の石段を降り、突き当たりを右に下る。
さらに長いゆるやかな階段下りから湿原に降り、少し先で左の天覧山への道に入る(写真)。

hannoalps35
いきなり急な土留めの階段(写真)が続き、途中で東屋を見ると、ほどなく天覧山山頂に飛び出す。

hannoalps36
16:32 天覧山山頂に到着(写真)。
崖に突き出たコンクリートの展望台がある。
その展望台の横を降りトイレのある広場を抜けると、ほどなく奥武蔵自然公園標識前に出る。

hannoalps37
16:45 奥武蔵自然公園標識に到着(写真)。
何とか日没前に市街地に降りられた。この後は最短距離で飯能駅に向かう。

17:03 飯能駅に到着。

17:33 西武秩父線飯能駅乗車。
310円。

18:08 西武秩父線正丸駅降車。

18:10 正丸駅前駐車場に到着。

 感想

道標はしっかりしていて迷うことはない。また、危険な場所もない。ただし、とにかく25km超えのアップダウンの連続する長丁場なので体力勝負になる。飯能駅に着いたときは足が攣りそうになり、思った通りかなりハードな山行だった。
とにかく地形図では読み取れないアップダウンが連続し、足が休まる暇もない。また日の短いこの時季では時間との戦いになるので、休憩や昼食の時間も削り気味にせざるを得ず、ますます疲労に拍車をかけたように思う。
最後に夕陽の中の富士山を見られたのが、唯一の救いか。。。
下山後疲れ切った身体で電車待ちをし、30分ほど電車に揺られて正丸駅まで戻るのはかなりの苦痛だった。飯能駅前に駐車場にすれば良か
ったと後悔!!

Copyright © 2017-2021 そこに山があるから,kazu. All rights reserved.