大屋山

そこにがあるから

 

大屋山 1,080.7m

 山行情報

山行日       2015年4月25日(土) 快晴

山頂所在地/山域  群馬県/関東 西上州

アクセス/出発地  車/大屋山登山口から往復

行程詳細      大屋山登山口(12:05-12:20)→ 蓼沼・明神宮分岐(12:44)→ 明神宮(12:50)→ 大屋山山頂(13:08)→
          展望台(13:18-13:30)→ 大屋山山頂(13:38-13:45)→ 蓼沼・明神宮分岐(13:55)→
          大屋山登山口(14:11)

所要時間/距離   行動時間:1時間32分 休憩時間:19分 合計:1時間51分/10.0km

服装/装備     長袖シャツ、半袖シャツ、トレッキングタイツ、トレッキングパンツ、登山靴

GPSログ      GPX KML 標高CSV  商用以外であれば自由に利用できます。

item8
この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。 (承認番号 平29情複、 第513号)
承認を得て作成した複製品を第三者がさらに複製する場合には、国土地理院の長の承認を得なければならない。

ルート図

◎ 山行記録

すべての写真は、クリックすると拡大表示されます。
また、本文中にイタリックで
写真と記載されている場合は、青枠の写真にカーソルを移動すると、別の写真が表示されます。
山座同定に間違いがあるかも知れません。ありましたらこちらまでご連絡ください。 → コンタクト
 

item11
12:05 大屋山登山口に到着(写真)。
六車地区で林道奥山六車線に入り、1kmほどで分岐を左に進む。しばらくして最奥の民家が右に見えてくるので、その上り口の路肩に駐車する。
良く見ればカーブミラーに登山口を示す道標が付けられている。

ooyasan2015
12:20 大屋山登山口を出発。
民家に向かって登って行くと、突き当たりに大屋山方面を示す道標(写真)がある。

ooyasan1
それに従って民家裏を横切り、カヤトの斜面を折り返して登る(写真)。

ooyasan6
杉林に入り沢を横切ると、清水有りますの道標(写真)を見送る。

ooyasan2
12:44 蓼沼・明神宮分岐に到着(写真)。
やや左の蓼沼・明神宮に向かうが、すぐに行き止まりになる。
現在地を確認すると蓼沼の東側のようなので、蓼沼と思われる窪地のある北西に向かう。

ooyasan3

すぐに朽ちかけた東屋(写真上)が見え、その先に明神宮の祠(写真下)が祀られている。
すっかり干上がっているが、この東屋の前の少し窪んでいるところが蓼沼(写真上)のようだ。

ooyasan11
そのまま目の前のヒノキ林の尾根(写真)を登る。

ooyasan12
小ピークを越え、さらに狭い尾根(写真)を登ると山頂に着く。

ooyasan9
13:08 大屋山山頂に到着(写真)。
狭い山頂に先着の登山者が2人休憩していたので、先に展望台に行くことにする。
すぐ先の西峰を右に巻いて進み、潅木の生い茂る尾根を進む。

ooyasan7
13:18 展望台に到着(写真右)。小休止。
道標などはないが、最先端の尖った岩場からは大展望が広がり、立岩、荒船山、毛無岩、鹿岳、四ツ又山など群馬を代表する奇岩群を一望する(写真下)。
岩に上がって記念撮影。

13:30 展望台を出発。

ooyasan8
展望台からのパノラマ

ooyasan10

13:38 大屋山山頂に到着。小休止。
狭く、展望も良くない。

13:45 大屋山山頂を出発。
尾根が広くなってきたら、赤テープ(写真上)に従って左へ下ると、ほどなく往路の分岐(写真下)に出て往路を下る。

14:11 大屋山登山口に到着。

 感想

山頂は狭くて展望もなく大したことないが、少し行った展望台は見応えある。潅木が煩くて歩き難いが、是非行って見たい。
蓼沼はを確定できなかったが、おそらくP952あたりの東屋の前の窪地だと思われる。
分岐から先は標識も何もなく、蓼沼自体も完全に干上がっているので分かり難い。

m16
 日帰り温泉

妙義ふれあいプラザ 妙義温泉「もみじの湯」

駐車場から妙義山が見られた。

Copyright © 2017-2021 そこに山があるから,kazu. All rights reserved.