赤岳(積雪期)

そこにがあるから

 

赤岳 2,899.4m(積雪期)

 山行情報

山行日       2015年2月7日(土) 快晴

山頂所在地/山域  長野県、山梨県/八ヶ岳連峰 南八ヶ岳

アクセス/出発地  車/八ヶ岳山荘駐車場 美濃戸口から周回

行程詳細      八ヶ岳山荘駐車場(美濃戸口)(5:30-6:20)→ 美濃戸山荘(7:13-7:25)→ (南沢)→
          行者小屋(9:22-9:55)→ 阿弥陀岳分岐(10:05)→ (文三郎尾根)→ 文三郎尾根分岐(11:10-11:20)→
          赤岳山頂(12:07-12:20)→ 赤岳展望荘(12:40-12:55)→ 地蔵の頭(13:03)→ (地蔵尾根 )→
          行者小屋(13:44-14:05)→ 美濃戸山荘(15:15-15:25)→ 八ヶ岳山荘駐車場(美濃戸口)(16:12)

所要時間/距離   行動時間:7時間58分 休憩時間:1時間54分 合計:9時間52分/17.0km

服装/装備     アウタージャケット、長袖シャツ、長袖アンダーシャツ、トレッキングタイツ、トレッキングパンツ、防寒パンツ、
          バラクラバ、ネックウォーマー、雪山登山靴、アイゼン、ピッケル、スノースパイク(未使用)

GPSログ      GPX KML 標高CSV  商用以外であれば自由に利用できます。

item14
この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。 (承認番号 平29情複、 第513号)
承認を得て作成した複製品を第三者がさらに複製する場合には、国土地理院の長の承認を得なければならない。

ルート図

 

 

過去の山行記録   2014年3月8日(土) 赤岳(積雪期)〜途中撤退

◎ 山行記録

すべての写真は、クリックすると拡大表示されます。
また、本文中にイタリックで
写真と記載されている場合は、青枠の写真にカーソルを移動すると、別の写真が表示されます。
山座同定に間違いがあるかも知れません。ありましたらこちらまでご連絡ください。 → コンタクト
 

akadakeyuki3
5:30 八ヶ岳山荘駐車場(美濃戸口)に到着。
今日は駐車場の整理担当者が居て、誘導と料金徴収をしていた。500円。
トイレを済まし、準備に掛かる。
昨年よりも暖かいのだろうか、素手でも寒さは感じない。

6:20 八ヶ岳山荘駐車場(美濃戸口)を出発(写真)。
まだちょっと薄暗いが、ヘッドランプが必要なほどでもない。
まったく風はなく寒くはない。
 

akadakeyuki34
最初の登りS字カーブの2つ目で車が立ち往生している。
Rのきついカーブと傾斜で路面の雪が大きく掘られ、ロードクリアランスがそれ程ない車
がサイドシルを擦っている。帰りにはアンダーカバーか何かのプラスチック片が散乱して
いた。
途中で右の下り車用の道を通る(写真)。こちらは車のスリップで雪が固められたり掘ら
れたりしているところがなく歩きやすいが、あとで確認すると少し距離が長かった。
2箇所ほどショートカット道があるが、下山時に通ってみることにした。
やまの子こ村、赤岳山荘と過ぎる。赤岳山荘の駐車場はほぼ満車状態だ。
ほどなく美濃戸山荘が見えてくる。

akadakeyuki9
7:13 美濃戸山荘に到着(写真)。トイレ休止。
数名の登山者が休憩している。ここまでは歩いていると暑いくらいだ。

akadakeyuki12
7:25 美濃戸山荘を出発。
お馴染みの道標を右に入り、南沢を行く(写真)。
スノースパイクの初装着も考えたが、今回はおあずけ。

akadakeyuki13
他の登山者と抜きつ抜かれつトレースをたどるうちに、暑くなり汗をかく。
進むに連れ樹林越しに朝陽に照らされる横岳(写真)や阿弥陀岳などが見えてくると、いやでも気持ちが盛り上がる。

akadakeyuki4
9:22 行者小屋に到着(写真右)。小休止。
多くの登山者が準備をしている。テント場には数張り。
ポカリスエットと栄養ジェルを補給するが、身体の中まで冷たくなっていく。昨年の反省から万全の防寒対策をする。
横岳から赤岳、中岳、阿弥陀岳を一望する大展望(写真下)に嫌でも気持ちが盛り上がる。

akadakeyuki5
行者小屋からのパノラマ

akadakeyuki8

9:55 行者小屋を出発。
テント場を抜け(写真上)樹林帯に入ると、10分ほどの分岐(写真下)で阿弥陀岳への道を右に分ける。

akadakeyuki16
行者小屋まではまったく軽快だったのに、足が重い。準備で身体が冷えたためか?
かなり急な尾根(写真)を頻繁に立ち止まり、一息入れながら登って行く。
風がほとんどないのが幸いだ。

akadakeyuki20

一部出ているクサリ場の急登(写真上)や階段を過ぎると、少しゆるむものの、すぐにクサリでコース取りされた、折り返しの急登(写真)が続く。

akadakeyuki21
上部の岩場混じりの急登あたりから足が攣り始めるが、なんとか誤魔化しながら文三郎尾根から西に延びる中岳への尾根へのトラバース(写真)を経て文三郎尾根分岐に着く。

akadakeyuki10
11:10 文三郎尾根分岐に到着(写真右)。小休止。
さすがにここでは遮るものがなく少し強目の風が吹いているが、防寒対策ができているのでノンビリ休憩していても問題ない。
水分補給をしながら、南アルプス、中央アルプス、北アルプス、南八ケ岳、北八ヶ岳など
の数え切れないほどの名峰が居並ぶ大パノラマを堪能する(写真下)。

akadakeyuki11
文三郎尾根分岐からのパノラマ

akadakeyuki14
11:20 文三郎尾根分岐を出発。
風で雪が飛ばされ地肌が疎らに出ている稜線をジグザグに登り(写真)、15分ほどで2
800mあたりの小さなテラス状の岩場に登り着き展望を楽しむ。

akadakeyuki25
すぐ先のキレット分岐の道標(写真)を過ぎると、いよいよ登りの核心部の岩場を登って行く。

akadakeyuki26
岩場は短い急登(写真)に変わるが、しっかりとステップが刻まれているため、まったく危険を感じることはない

akadakeyuki15
茅ヶ岳、富士山

キレットへの分岐のある竜頭峰分岐(写真上)に登り着き左へ上がると、南側には茅ヶ岳越しに富士山(写真下)を見る。
さらに主稜線をたどれば、5分ほどで赤岳山頂に登り着く。

akadakeyuki18

12:07 赤岳山頂に到着(写真右上)。小休止。
すでに数人の登山者が記念撮影や展望を楽しんでいる。
山頂も少し風が強いが、全く問題ない。居合わせた登山者に記念写真を撮ってもらう。
展望(写真下)は文三郎尾根分岐で十分に堪能したので、ここでは厳冬期の赤岳登頂の感動に浸る。
5分程で赤岳山頂山荘側の北峰(写真右下)に移動し、こちらでも展望を楽しむ。

pickel

akadakeyuki2015
赤岳山頂

akadakeyuki1
中央アルプス、御嶽山

akadakeyuki2
北アルプス、霧ヶ峰、蓼科山

akadakeyuki22
12:20 赤岳山頂を出発。
北側の主稜線(写真)に入る。

akadakeyuki27
もっとなだらかで広々とした稜線を思い描いていたが、それは思い違いだった。
雪の付いた東の斜面と岩肌の出た西の斜面でナイフリッジのように見える稜線(写真)と赤岳天望荘が真下に見えている。実際には見た目と違い、サクサクと下り岩峰を越える。

写真は途中ゆるんだ場所から山頂を見上げている。ナイフリッジッぽさが良く分る。

akadakeyuki28
途中阿弥陀岳方面に目をやると、往路の文三郎尾根を登下降する登山者を一望する。
クサリが出てくると稜線はやや広くなるが、傾斜が増しジグザグの急下降(写真)となる。
こちらの稜線は時折強い風が吹く。

akadakeyuki23
12:40 赤岳天望荘に到着(写真)。昼食。
建物の陰で風を避けつつ昼食を取る。東の斜面越しに富士山が浮かぶ。

akadakeyuki6

12:55 赤岳天望荘を出発。
10分ほどで地蔵の頭(写真上)に着く。
地蔵に安全を祈願し地蔵尾根(写真した)に取り付く。
噂のナイフリッジは頂点の他に、右下にもルートが付けられ、みなそちらを通って行く。
安全を期して右下を行く。なのでやや手古摺ったのは、その先で尾根から右の急斜面に入るところだ。急な上踏み跡が錯綜しているため、慎重にルートを選んで下った。
その後クサリや階段の出てくる急斜面が続くが、それほど危険はない。

akadakeyuki30
シリセードの跡がいっぱい付いた広い斜面(写真)を下り、樹林帯を20分ほどたどれば行者小屋の東側に飛び出す。

akadakeyuki31
13:44 行者小屋に到着(写真)。小休止。
テント場のテントは倍以上に増えている。水分補給したり、別れの展望を楽しむ。

14:05 行者小屋を出発。

akadakeyuki32
15:15 美濃戸山荘に到着。小休止。

15:25 美濃戸山荘を出発。
途中2箇所のショートカット道(写真)を通るが、最初の道の途中で不明瞭な場所があり少し迷う。そのため距離は短かったものの、時間的には数分余計に掛かった。

akadakeyuki33
16:12 八ヶ岳山荘駐車場(美濃戸口)に到着。

 感想

なんとか昨年のリベンジを果たしたが、好天に恵まれたおかげだろう。行者小屋の先からは終始足の攣りを誤魔化しながらの山行になった。行者小屋で準備のため30分ほどかかり、冷え切ってしまったためと思いたい。
しかし、何はともあれ、登頂を果たしたことを喜びたい。富士山もクッキリ見えたことだし。。。
それにしても登山者の多さときたら。。。

item23
 日帰り温泉

信州原村 八ケ岳温泉 もみの湯

以前来ていると思ったのだが、まったく?記憶になかった。温泉としてはごく普通。リピートもありかな。。。。

Copyright © 2017-2021 そこに山があるから,kazu. All rights reserved.