幕山

そこにがあるから

 

幕山 626m

 山行情報

山行日       2014年8月17日(日) 快晴

山頂所在地/山域  神奈川県/箱根山

アクセス/出発地  車/幕山公園第二駐車場から周回

行程詳細      幕山公園第二駐車場(11:30-11:40)→ 幕山登山口(11:50)→ 東屋(12:24-12:30)→
          幕山山頂(13:11-14:00)→ 大石ヶ平・南郷山分岐(14:14)→ 大石ガ平(14:42-14:50)→
          幕山公園第二駐車場(15:20)

所要時間/距離   行動時間:2時間37分 休憩時間:1時間3分 合計:3時間40分/5.8km

服装/装備     半袖シャツ、トレッキングタイツ、トレッキングパンツ、登山靴

GPSログ      GPX KML 標高CSV  商用以外であれば自由に利用できます。

item2
この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。 (承認番号 平29情複、 第513号)
承認を得て作成した複製品を第三者がさらに複製する場合には、国土地理院の長の承認を得なければならない。

ルート図

◎ 山行記録

すべての写真は、クリックすると拡大表示されます。
また、本文中にイタリックで
写真と記載されている場合は、青枠の写真にカーソルを移動すると、別の写真が表示されます。
山座同定に間違いがあるかも知れません。ありましたらこちらまでご連絡ください。 → コンタクト
 

makuyama2014
11:30 幕山公園第二駐車場に到着(写真)。

11:40 幕山公園第二駐車場を出発。
橋を渡り管理棟前の右カーブを曲がると、鍛冶屋方面からの車道に出る。

makuyama2
11:50 幕山登山口に到着(写真)。
正面には梅林が広がり、左手に幕山登山口がある。

makuyama1
梅林の中を北東に向かって登って行くと、10分ほどで梅林最高地点の標識(写真)を見る。

makuyama4
少し上がると、木陰に座りやすそうな岩(写真)があり、暑さしのぎに一息入れる。
雑木林の中を小さく折り返しながら登るが、気温は30度を下回っているにもかかわらず、かなり蒸し暑くペースが上がらない。

makuyama3
12:24 東屋に到着(写真)。小休止。
陽射しを遮る屋根があり、ゆっくり座れるベンチやテーブルがあり、地獄に仏とはこのことだろう。

makuyama8
12:30 東屋を出発。
ふと気づくとあれほど五月蝿かったセミの声が、東屋辺りからほとんど聞こえなくなった。理由はわからないが、暑過ぎるからか?
南東に相模灘に突き出た真鶴半島や真鶴の街並み、海に浮かぶ初島や大島を見る。
山頂周回コース(写真)を横切ると、ひと登りで山頂に飛び出す。

makuyama5
真鶴半島

13:11 幕山山頂に到着(写真上)。昼食。
10年ほど前は早春だったためか、山頂の雰囲気が違って感じられた。土の広場だったと思ったが、後で確認して見ると雑草の背丈以外何ら変わらなかった。
陽射しがきついため、山頂のシンボル的な桜の木陰で昼食を取る。時折風が吹き抜け気持ちが良い。
展望は南側に中腹で見た真鶴半島(写真下)や真鶴の街並み、初島、大島など、北側に箱根の山並みを一望するが、どちらも木立がうるさい。

makuyama7
14:00 幕山山頂を出発。
南郷山方面に下る。下りから周回コース(写真)を横切り、すぐにゆるやかに登り返してピークを越える。

makuyama10
広い下り道から雑木林とヒノキ林の間をゆるやかにたどり、大石ヶ平・南郷山分岐(写真)を左の大石ヶ平への道に入る。

makuyama11
ヒノキ林を抜け、ハコネタケの生い茂る沢(写真)をひたすら下り、林道に降り立つ。

makuyama9
14:42 大石ヶ平に到着(写真)。小休止。

makuyama12

14:50 大石ヶ平を出発。
林道を道なりに進む。
右にしとどの窟への分岐(写真上)を2箇所、左に散策路を見送り、ゲート(写真下)を抜けると、往路の幕山登山口になる。

15:20 幕山公園第二駐車場に到着。

 感想

山頂までの登りは、暑さのせいか足が重く、まったくペースが上がらなかった。山頂で昼食後横になってノンビリして、やっと元に戻る。
この暑さで登る山ではないことを再確認した。
山頂は一面の草地で、前回(冬場)とまったく印象が違った。

Copyright © 2017-2021 そこに山があるから,kazu. All rights reserved.