兜岳、鎧岳

そこにがあるから

 

兜岳 920m、鎧岳 893.6m

 山行情報

山行日       2014年5月30日(金) 快晴

山頂所在地/山域  奈良県/近畿

アクセス/出発地  車/県道81号線路肩から周回

行程詳細      県道81号線路肩(8:40-9:00)→ 兜岳・鎧岳ハイキングコース登山口(延命地蔵)(9:36)→
          兜岳山頂(10:19-10:35)→ 峰坂峠(10:57)→ 尾根上分岐(11:24)→ 鎧岳山頂(11:27-12:07)→
          尾根上分岐(12:10)→ 県道81号線(12:58)→ 県道81号線路肩(13:12)

所要時間/距離   行動時間:3時間36分 休憩時間:36分 合計:4時間12分/8.1km

服装/装備     半袖シャツ、トレッキングパンツ、登山靴

GPSログ      GPX KML 標高CSV  商用以外であれば自由に利用できます。

item3
この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。 (承認番号 平29情複、 第513号)
承認を得て作成した複製品を第三者がさらに複製する場合には、国土地理院の長の承認を得なければならない。

ルート図

◎ 山行記録

すべての写真は、クリックすると拡大表示されます。
また、本文中にイタリックで
写真と記載されている場合は、青枠の写真にカーソルを移動すると、別の写真が表示されます。
山座同定に間違いがあるかも知れません。ありましたらこちらまでご連絡ください。 → コンタクト
 

kabutodakeyoroidake2014
8:40 県道81号線路肩に到着(写真)。
岳見橋と新岳見橋のほぼ中間にある、路肩が広くなっている場所に停める。何箇所か停め
られそうな路肩が点在する。
準備で靴下を履き替える段になって初めて、トレッキングタイツを履き忘れていることに気付く。
まあ、今日は短いから大丈夫だろう。

kabutodakeyoroidake3
9:00 県道81号線路肩を出発。
すぐ先の新岳見橋とバス停を左に見て、高原ホテル曾爾の先の三差路を右に入る。この三差路は地形図が古く実際の形状と異なり、済浄坊の滝の道標はあるが道路標識はない。
橋を渡った先の曽爾横輪バス停前の丁字路(写真)を右に入る。ここには兜岳登山道入口の道標と道路標識がある。

kabutodakeyoroidake4
途中で兜岳と鎧岳見ながら、長走りの滝(写真)を過ぎ杉林に入ると、ほどなく延命地蔵のある登山口が見えてくる。

kabutodakeyoroidake1

9:36 兜岳・鎧岳ハイキングコース登山口(延命地蔵)に到着(写真上)。
延命地蔵の前からやや荒れた沢(写真下)沿いをたどる

kabutodakeyoroidake2
杉林に入ったところで道が分かれ(写真)、やたら付けられたピンクのテープに従って右の尾根に取り付くと、しばらくゆるやかな尾根道が続く。

kabutodakeyoroidake8
10分ほどで初めての道標(写真)が現れるが、そこには「これより先急斜面注意」と書かれている。

kabutodakeyoroidake17
いきなりの一枚岩のロープ場は序章で、さらに岩混じりやロープの付けられた急登(
)が次々と現れる。

kabutodakeyoroidake11
兜岩山頂0.2km」の道標(写真)からも急登が続き、10分ほどでゆるむとほどなく兜岳山頂に登り着く。

kabutodakeyoroidake18
倶留尊山、古光山、学能堂山、三峰山

10:19 兜岳山頂に到着(写真上)。小休止。
山頂は木立の中だが、それが陽射しを遮ってくれて涼しい。
東側が開けて眺望があり、鎧岳や倶留尊山、亀山、古光山、学能堂山、三峰山などを一望する(写真下)。

kabutodakeyoroidake14
10:35 兜岳山頂を出発。
前方に兜岳を見ながら、一部ロープが張られたやや急な下りから峰坂峠400mの道標の先でピークを1つ越える(写真)と、10分ほどで峰坂峠に降り立つ。

kabutodakeyoroidake9
10:57 峰坂峠に到着(写真)。
右に葛バス停・郵便局への道を分ける。

kabutodakeyoroidake15
短い急登からおだやかなヒノキ林の稜線をたどり、小ピークを越えコル(写真)に降り立つ。ここにも分岐があり、再び右に葛バス停・郵便局への道を見送る。この分岐道は途中で峰坂峠からの道と合流するようだ。

kabutodakeyoroidake10
やや急登から「峰坂峠400m」の道標(写真)で稜線から外れ右に巻く。ネットではここを直進し苦労している記録が見られる。確かに稜線上にも薄いながら踏み跡(写真)が見える。

kabutodakeyoroidake20
ほどなく急斜面のジグザグの登りから稜線上の分岐(写真)に登り着き、右へゆるやかにひと登りで鎧岳山頂に出る。

kabutodakeyoroidake12
11:27 鎧岳山頂に到着(写真)。昼食。
あまり広くなく、眺望も木立の合間に亀山が望める程度と良くない。

kabutodakeyoroidake13
12:10 鎧岳山頂を出発。
稜線を戻り、往路を左に見送る。小ピークを2つ越え、道標の立つコル(写真)を右に下る。

kabutodakeyoroidake6

今日初めての花フタリシズカ(写真上)が見られる杉林をトラバース気味に下り、ジグザ
グの急下降からゆるんだところで分岐(写真下)を右に取る。
道が広くなると左からの道と合流し、途中から舗装された林道になる。

kabutodakeyoroidake21
民家の裏手から車道に降り立ち、右へわずかで県道81号線(写真)に出て右に折れ、道なりにたどれば駐車場所に戻る。

13:12 県道81号線路肩に到着。

 感想

短い山行だったが、アップダウンが多いことと、半分が舗装路歩きだったため、思ったより疲れた。山頂からの眺望も期待外れで、この山行は何をモチベーションにすればいいだろうか?名前からもっと奇岩や岩場歩きを期待したのだが。。。

kabutodakeyoroidake16
 日帰り温泉

曾爾高原温泉 お亀の湯

山奥にあり、平日の昼間だというのに、結構人が多い。露天風呂からは兜岳と鎧岳を一望する。お湯はヌルヌルで肌に良さそう。
洗い場は狭いが、みんなノンビリと温泉を楽しんでいるようで、混み合うことはない。
消費税アップで料金は600円から650円になっていた。。。が、これだけノンビリできればリーズナブルかも。。。

Copyright © 2017-2021 そこに山があるから,kazu. All rights reserved.