飯縄山

そこにがあるから

 

飯縄山 1,917.3m

 山行情報

山行日       2014年10月11日(土) 快晴

山頂所在地/山域  長野県/甲信越

アクセス/出発地  車/中社ゲレンデ駐車場から周回

行程詳細      中社ゲレンデ駐車場(6:30-7:05)→ 飯縄山西登山道入口(7:24)→ 萱ノ宮(7:57)→ 一の鳥居分岐(8:58)→
          南峰山頂(9:07-9:20)→ 飯縄山山頂(9:26-9:40)→ 霊仙寺山分岐(9:42)→ 瑪瑙山山頂(10:30-11:00)→
          中社ゲレンデ分岐⑦(11:28)→ 怪無山(11:42-12:03)→ 中社ゲレンデ分岐⑦(12:12)→
          遊歩道分岐⑧(12:36)→ 越水ゲレンデ分岐⑨(12:56)→ 中社ゲレンデ駐車場(13:00)

所要時間/距離   行動時間:4時間37分 休憩時間:1時間18分 合計:5時間55分/12.1km

服装/装備     半袖シャツ、トレッキングタイツ、トレッキングパンツ、登山靴

GPSログ      GPX KML 標高CSV  商用以外であれば自由に利用できます。

item4
この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。 (承認番号 平29情複、 第513号)
承認を得て作成した複製品を第三者がさらに複製する場合には、国土地理院の長の承認を得なければならない。

ルート図

◎ 山行記録

すべての写真は、クリックすると拡大表示されます。
また、本文中にイタリックで
写真と記載されている場合は、青枠の写真にカーソルを移動すると、別の写真が表示されます。
山座同定に間違いがあるかも知れません。ありましたらこちらまでご連絡ください。 → コンタクト
 

iidunayama1
6:30 中社ゲレンデ駐車場に到着。
駐車場上の建物の中にトイレがある(写真)。
かなりガスが出ていて見通しが良くないが、すぐに晴れるだろう。

iidunayama8
7:05 中社ゲレンデ駐車場を出発。
林道に降りて左に折れ、神告げ温泉方向に進む。
少し先でチビッ子忍者村を右に見送ると、5分ほどで迂回路入口の先の西コース短絡路入口に着く(写真)。

iidunayama2
7:24 西コース短絡路入口に到着(写真)。
9月20日から10月31日まで登山道周辺で間伐が行われているようで、本来の登山道は通行止めで迂回路とその入口が示されている。
しかし、今日は土曜日、しかも早朝。たとえ間伐作業があってもその前に通過すれば問題ない、と自己責任(無責任な言葉だが)で迂回路入口のすぐ先の西登山道短絡路入口を入る。

iidunayama9
木の根だらけのやや急な道を短く登り、尾根上の西登山口からの道と合わさる。
しばらくは下生えの笹の間をゆるやかに登る道が続く。
右からの道と合わさるとやや傾斜を増し、しばらくして林道(写真)を横切る。地形図では最初の道はなく、林道は破線で記載されている。
ほとんど平坦な道からゆるやかな登りになり、ほどなく鳥居が見えてくる。

iidunayama4

7:57 萱ノ宮に到着(写真上)。
左から迂回路の遊歩道が合流する。地形図のP1431辺りで、石仏(写真下)が納められた祠が祀られている。
ここから次第に傾斜が増し、石がゴロゴロしたり、抉れた道が現れる。
登るにつれ背後に戸隠連峰や北アルプスが見え隠れする。

iidunayama6
雑木林を抜け展望の開けた笹原に出ると、前方に南峰(写真)、背後には北アルプスや戸隠連峰、高妻山などを一望する大パノラマが広がる。

iidunayama10
しばらく笹の生い茂った潅木帯を登ると、右に一の鳥居からの道が合わさる西登山道分岐(写真)に出る。

iidunayama12
ロープの張られた露岩を急登し、石の祠が祀られた鳥居(写真)を過ぎると、ほどなく南峰山頂に飛び出す。

iidunayama15
飯縄山

9:07 南峰山頂に到着(写真上)。小休止。
元は山頂標識だったのだろうか、木の柱と石仏があり、南側の一段下がったところに飯綱神社(写真中)がある。
北東側に飯綱山(写真下)、北西側に少し木が煩いが高妻山から戸隠連峰を一望する。

iidunayama13
9:20 南峰山頂を出発。
すぐ先に携帯トイレブースがある。前方に飯縄山を見ながら、潅木が疎らな笹原(写真)をゆるやかに下り、登り返すと飯綱山山頂に出る。

iidunayama2014
9:26 飯綱山山頂に到着(写真右)。小休止。
露岩の山頂は笹原に囲まれているが、広く山頂を示す標柱や方位盤がある。
展望は南峰より良く、先ほどまで居た南峰、高妻山から戸隠連峰、黒姫山と重なる様に妙高山(写真下)、さらには北アルプスと大パノラマが広がる。

sack30

iidunayama18
南峰

iidunayama19
戸隠連峰

iidunayama24
黒姫山、妙高山

iidunayama14
9:40 飯綱山山頂を出発。
すぐに霊仙寺山への分岐(写真)があるが、笹藪が濃く踏み跡は全くない。少し掻き分けて入ってみるが、人が通った形跡が全くなく、相当手こずりそうなので諦める。

iidunayama26
戸隠連峰

iidunayama27
黒姫山、妙高山

展望の良い急下降が続き、手前に瑪瑙山(めのうやま)や高デッキ山、奥に戸隠連峰や高
妻山と続き(写真上)、さらに黒姫山と重なるように火打山と妙高山(写真下)と、ここ
までで一番の大パノラマが広がる。

iidunayama3

ひたすら下った後、短く急登し小ピークに立つ。前方に瑪瑙山(写真上)、背後に飯縄山(写真下)を見る。
急下降から今度は上り返しを急登し、分岐を右にわずかで瑪瑙山山頂に出る。

iidunayama7
10:30 瑪瑙山山頂に到着(写真)。昼食。
山頂北側にリフトが来ている。
南東に飯綱山と南峰、反対側に戸隠連峰と高妻山を望む。

iidunayama28

11:00 瑪瑙山山頂を出発。
分岐まで戻り直進する。
すぐにスキーゲレンデに出て、戸隠連峰や高妻山を眼前に下り(写真上)、途中わずかに咲く満開のリンドウ(写真下)を見る。

iidunayama20
11:28 中社ゲレンデ分岐⑦に到着(写真)。
直進し、右からの林道に入る。ゆるやかに登って行くと、ピーク上のリフト降り場が見えてくる。。

iidunayama21
11:42 怪無山(けなしやま)山頂に到着(写真右)。散策。
地形図で標高が記されている辺りは薮の中なので、それよりも標高が高いと思われる2本のリフト降り場の間を山頂とする。
ピークを少し越えると大展望が広がり、戸隠連峰から高妻山、黒姫山、火打山、妙高山を一望する(写真下)。
西側のリフト沿いに下れそうなので様子を見てみるが、すぐに藪に阻まれ諦める。

12:03 怪無山山頂を出発。
往路を鞍部まで下る。

iidunayama22
怪無山山頂からのパノラマ

iidunayama23
12:12 中社ゲレンデ分岐⑦に到着(写真)。
右に道を取り、笹の下生えの雑木林を折り返して下る。

iidunayama30

12:36 遊歩道分岐⑧に到着(写真上)。
直進方向は迂回路の登山口方面で、左は萱ノ宮経由で飯縄山方面になる。
右に道を取り、渓流に沿って(写真下)ゆるやかに下る。

iidunayama25

前方が開けると越水ゲレンデ分岐⑨(写真上)に出て、左のススキの中を下り、中社スキ
ー学校横(写真下)から駐車場に降り立つ。

iidunayama32
13:00 中社ゲレンデ駐車場に到着(写真)。

 感想

霊仙寺山に行けなかったのは残念だ。地形図を見るとそれほど距離も傾斜もないので強引にでも行けたかも知れない。
各山頂からの展望は良い。まさか妙高山までとは思わなかったので、嬉しい誤算だった。
一部急な登降はあるものの、危険な場所はなく展望を楽しみながらのんびり歩くのが良さそうだ。

m16
 日帰り温泉

戸隠神告げ温泉 湯行館(ユニークカン)

風呂場は狭く、浴槽は1つで、600円は高い。この金額ではリピートなし。休憩所が良いだけに惜しい。。。

Copyright © 2017-2021 そこに山があるから,kazu. All rights reserved.