鉄砲木ノ頭(明神山)、三国山、大洞山

そこにがあるから

 

鉄砲木ノ頭(明神山) 1,290.8m、三国山 1,343m、大洞山 1,383.4m

 山行情報

山行日       2013年11月30日(土) 晴れのち曇り

山頂所在地/山域  山梨県/丹沢山地

アクセス/出発地  車/山中湖駐車場から周回

行程詳細      山中湖駐車場(7:15-7:30)→ 三国山・パノラマ台ハイキングコース入口(7:58)→ パノラマ台(8:19)→
          鉄砲木ノ頭(明神山)山頂(8:42-9:00)→ 三国峠(9:12)→ 三国山山頂(9:31-9:45)→
          ズナ峠(9:56)→ 楢木山山頂(10:12-10:17)→ 大洞山山頂(10:46-10:56)→ アザミ平(11:25)→
          畑尾山山頂(11:33-11:40)→ 立山東分岐(11:45)→ 立山山頂(11:47)→
          立山展望台(11:55-12:45)→ 立山東分岐(12:50)→ 篭坂峠(13:20)→ 山中湖駐車場(13:52)

所要時間/距離   行動時間:4時間38分 休憩時間:1時間44分 合計:6時間22分/15.6km

服装/装備     ソフトジャケット、長袖シャツ、半袖シャツ、トレッキングタイツ、トレッキングパンツ、登山靴

GPSログ      GPX KML 標高CSV  商用以外であれば自由に利用できます。

item3
この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。 (承認番号 平29情複、 第513号)
承認を得て作成した複製品を第三者がさらに複製する場合には、国土地理院の長の承認を得なければならない。

ルート図

◎ 山行記録

すべての写真は、クリックすると拡大表示されます。
また、本文中にイタリックで
写真と記載されている場合は、青枠の写真にカーソルを移動すると、別の写真が表示されます。
山座同定に間違いがあるかも知れません。ありましたらこちらまでご連絡ください。 → コンタクト
 

teppoginoatamamikuniyama2013
7:15 山中湖駐車場に到着(写真)。
旭日丘交差点から東へ500mほどのところにある駐車場に停める。
先週の高指山と同じ時間なのに、この日ははるかに寒くソフトジャケットを着る。

7:30 山中湖駐車場を出発。
最初は旭日丘湖畔緑地公園の遊歩道を歩いたが、結構アップダウンがあるため車道沿いの歩道を歩く。

teppoginoatamamikuniyama4
7:58 三国山・パノラマ台ハイキングコース入口に到着(写真)。
先週と同じ道をたどる。

teppoginoatamamikuniyama1
入口から100mほどで三国山・パノラマ台ハイキングコースの道標(写真)などが立つ分岐を左折し、未舗装路に入る。

teppoginoatamamikuniyama5
すぐにパノラマ台の道標の立つ分岐(写真)を右に入り、しばらくして車道を横切る。

teppoginoatamamikuniyama3
8:19 パノラマ台に到着(写真)。
先週ほどの混雑はない。
今日はそのまま駐車場の奥からカヤトの斜面に入る。

teppoginoatamamikuniyama19
富士山

teppoginoatamamikuniyama28
南アルプスと山中湖

8:42 鉄砲木ノ頭(明神山)山頂に到着(写真上)。小休止。
山中諏訪神社奥宮の後ろに山頂標識と三角点がある(写真中上)。
誰もいない山頂で大パノラマを堪能する。
特に富士山(写真中下)から南アルプス(写真下)に続く大パノラマは見応えがある。

teppoginoatamamikuniyama7
9:00 鉄砲木ノ頭(明神山)山頂を出発。
山頂標識から先週は左に向かったが、この日は右に進み、前方に三国山、右に富士山を見ながらカヤトの刈り払われた道を下る(写真)。

teppoginoatamamikuniyama9

9:12 三国峠に到着(写真上)。
県道を横切り反対側の尾根に取り付き、雑木林の中の抉れた道(写真下)をゆるやかに登る。

teppoginoatamamikuniyama8
広い尾根の急登(写真)になると踏み跡が不明瞭になるが、ピークを目指してひたすら登
って行く。

teppoginoatamamikuniyama6
9:31 三国山山頂に到着(写真)。小休止。
2005年2月に登ったときは厳冬期のためか、ただただ寒かった記憶しかない。
山頂は疎林に囲まれているが広々感がある。残念ながらその疎林がうるさく展望はあまり良くないが、愛鷹連峰と富士山そして丹沢山塊を見る。
すぐ南には富士スピードウェイがあり、爆音が響いてくる。
出発直前に大洞山方面から1人のトレイルランナーがやって来た。

teppoginoatamamikuniyama11
9:45 三国山山頂を出発。
広々としたおだやかな冬枯れの稜線(写真)を快適にたどる。

teppoginoatamamikuniyama17
大きくなだらかなピークを越え、ゆるやかに下る途中のヅナ峠(写真)で左に富士スピードウェイへの分岐を見送る。
そのまま正面の樹間に富士山を見ながらゆるやかに登って行く。

teppoginoatamamikuniyama12
10:12 楢木山山頂に到着(写真)。小休止。
なだらかな丘のような所に杭のような山頂標識があるだけで、あまり山頂らしくなく見逃しそうになった。

teppoginoatamamikuniyama21
10:17 楢木山山頂を出発。
しばらくゆるやかな下りが続き、小ピークを2つほど越えた後、ひと登りで大洞山山頂に登り着く。

teppoginoatamamikuniyama13
10:46 大洞山山頂に到着(写真)。小休止。
立派な山頂標識と三角点があるが、ここもあまり山頂らしくない。また、雑木林に囲まれ展望もあまりない。

teppoginoatamamikuniyama14
10:56 大洞山山頂を出発。
P1366で右にカーブし(写真)、ゆるやかに下る。

teppoginoatamamikuniyama23
植生保護ロープの張られた道から、植林地の展望の開けた場所から雑木林を抜けるとアザミ平東(写真)に出る。
開けたアザミ平から雑木林に入ると、すぐにアザミ平分岐に着く。

teppoginoatamamikuniyama15
11:25 アザミ平に到着(写真)。
前回はこのまま右の篭坂峠に向かったが、今回は予定通り畑尾山・立山方面に向かう。
ゆるやかに8分ほど登る。

teppoginoatamamikuniyama2
11:33 畑尾山山頂に到着(写真)。小休止。
展望はないため記念撮影もそこそこに先に進む。

teppoginoatamamikuniyama24
11:40 畑尾山山頂を出発。
いったん下ってから小ピークを越えると立山東分岐(写真)に出て、そこからひと登りで立山山頂に登り着く。

帰路はここを右(帰路時は左)に下る。

teppoginoatamamikuniyama18
11:47 立山山頂に到着(写真)。
何もないためそのまま左の立山展望台に向かう。
ゆるやかな下りが続き、右に須走紅富台からの道が合わさると展望台に出る。

teppoginoatamamikuniyama10

11:55 立山展望台に到着。昼食。
やや南側に傾斜した広い草地(写真上)で、ここに三角点(写真下)がある。
富士山と愛鷹連峰を見るが、展望台と言うほどでもない。
それでも山頂に比べれば遙かに休憩に良いからだろう、昼食中に5、6組の登山者が訪れた。

12:45 立山展望台を出発。
往路を戻る。

teppoginoatamamikuniyama22
12:50 立山東分岐に到着。
左の篭坂峠へ向かう。沢を下るが、次第に狭くなり、えぐれた所(写真)では人一人分の幅しかない。

teppoginoatamamikuniyama29
やがて沢を離れ右の尾根に向かうと、ほどなくアザミ平からの道と合流する(写真)。

teppoginoatamamikuniyama30
しばらく平坦な歩きやすい道を下り、籠坂峠・三国山ハイキングコース入口(写真)に出る。
墓地を通り抜け、舗装路からほどなく篭坂峠に降り立つ。

teppoginoatamamikuniyama31
13:20 篭坂峠に到着(写真)。
国道138号線を北上する。
旭日丘交差点手前で右の脇道に入り、わずかながら国道をショートカットする。

13:52 山中湖駐車場に到着。

 感想

途中ではあまり出合わなかったのに、立山展望台にあれほど登山者が来るとは思わなかった。
先週とは打って変わって、展望台以外は各ピークとも展望は期待できない。穏やかな稜線歩きを堪能したい。

Copyright © 2017-2021 そこに山があるから,kazu. All rights reserved.