高原山〜釈迦ヶ岳、剣ヶ峰、鶏頂山〜

そこにがあるから

 

高原山 〜 釈迦ヶ岳 1,795m、剣ヶ峰 1,540m、鶏頂山 1,765m

 山行情報

山行日       2013年9月21日(土) 晴れ

山頂所在地/山域  栃木県/関東

アクセス/出発地  車/大間々駐車場から往復

行程詳細      大間々駐車場(5:45-7:00)→ (見晴コース)→ 剣ヶ峰・ミツモチ山分岐(7:10)→
          八海山神社(7:50-7:55)→ 剣ヶ峰分岐(8:14)→ 剣ヶ峰山頂(8:15-8:20)→ 鶏頂山分岐(9:27)→
          釈迦ヶ岳山頂(9:30-9:55)→ 御岳山山頂(10:25)→ 鶏頂山山頂(10:55-11:40)→
          鶏頂山分岐(12:31-12:34)→ 剣ヶ峰分岐(13:31)→ 八海山神社(13:51-14:00)→ (林間コース)→
          大間々駐車場
(14:45)

所要時間/距離   行動時間:6時間13分 休憩時間:1時間32分 合計:7時間45分/13.0km

服装/装備     半袖シャツ、トレッキングタイツ、トレッキングパンツ、登山靴

GPSログ      GPX KML 標高CSV  商用以外であれば自由に利用できます。

item6
このこの地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。 (承認番号 平29情複、 第513号)
承認を得て作成した複製品を第三者がさらに複製する場合には、国土地理院の長の承認を得なければならない。

ルート図

◎ 山行記録

すべての写真は、クリックすると拡大表示されます。
また、本文中にイタリックで
写真と記載されている場合は、青枠の写真にカーソルを移動すると、別の写真が表示されます。
山座同定に間違いがあるかも知れません。ありましたらこちらまでご連絡ください。 → コンタクト
 

tenguyamaotokoyama1
5:45 大間々駐車場に到着(写真)。
駐車場は広く、入口側に展望台、奥にトイレと登山道への入口がある。
奥の方では除染工事が行われている。
朝食後ひと眠りしている間に、次々と登山者がやって来ていた。

takaharayama2013
7:00 大間々駐車場を出発。
やや肌寒いが、半袖で出発する。
トイレの左を入ると見晴コースと林間コースの分岐(写真)があり、左の見晴コースに入る。

takaharayama11
さらにすぐの分岐(写真)でミツモチ山へのやしおコースを左に見送り、林道を10分ほどで剣ヶ峰・ミツモチ山分岐に着く。

takaharayama1
7:10 剣ヶ峰・ミツモチ山分岐に到着(写真)。
登山ポストと案内板がある。
右の剣ヶ峰への登山道に入り鳥居をくぐる。木の根だらけの道から、露岩と丸太の土留めが断続する尾根道を登る。

takaharayama3
釈迦ヶ岳、中岳、西平岳

道標(写真上)の立つP1456あたりからゆるやかになり、少し先で展望が開け、釈迦
ヶ岳から中岳、西平岳を一望する(写真下)。

takaharayama12

案内板の立つ開けた場所(写真上)から石がゴロゴロした場所(写真下)を登ると、ほどなく八海神社に登り着く。

takaharayama4
7:50 八海山神社に到着(写真)。小休止。
クズ岩が散乱するP1539で、八海山神社の祠が祀られている。
ここは上がってきた見晴コースと林間コースの合流点になる。

takaharayama5
7:55 八海山神社を出発。
左の笹が下生えの雑木林に入り、ゆるやかに登る。ピークを2つ越え、わずかに登り返すと剣ヶ峰分岐(写真)で、右にわずかで剣ヶ峰に登り着く。

takaharayama6
8:15 剣ヶ峰山頂に到着(写真)。小休止。
雑木林に囲まれ展望はない。

takaharayama7

8:20 剣ヶ峰山頂を出発。
剣ヶ峰分岐を釈迦ヶ岳方面に向かう。
前方に釈迦ヶ岳山頂を見ながら下り、頂点で右にカーブするピークを越えると、小さなア
ップダウンが続く。
稜線を右に外すとゆるやかな登りが続き、再び稜線に乗ると一部ロープの付いた急登(写真上)から鶏頂山への分岐(写真下)を右に見送ると、ひと登りで釈迦ヶ岳山頂に飛び出す。

takaharayama8
9:30 釈迦ヶ岳山頂に到着(写真)。小休止。
周囲を笹で囲まれているが、まずまずの広さで、山頂標識や三角点、祠、釈迦如来像がある。
展望は良いが雲が多めで遠くの山並みは隠れ気味になっている。鶏頂山の先の山並みは日光白根山だろうか。

takaharayama19
9:55 釈迦ヶ岳山頂を出発。
鶏頂山分岐まで戻り、左へ下る(写真)。荒れ気味のかなり急な下りが続く。一部ロープが付けられている。

takaharayama21
笹が目立つとゆるみ、笹が刈り払われたアップダウンの道(写真)が続く。
急登から細長いピークを越え右に分岐を見送ると、ほどなく御岳山山頂に着く。

takaharayama10
10:25 御岳山山頂に到着(写真)。
道端の笹の中に祠と小さな山頂標識があるだけで、山頂と言うには余りに寂しい。

takaharayama22

さらに下って行くと鞍部の分岐(写真上)に降り立つ。右に弁天池への近道が分かれ、左側は崩壊した南斜面と鶏頂山山頂が見えている(写真下)。

takaharayama13
短いハシゴとロープ場から急な登りを過ぎ、傾斜がゆるむとほどなく鶏頂山神社社殿前(写真)に出る。

takaharayama20
10:55 鶏頂山山頂に到着(写真右)。昼食。
社殿のすぐ先に山頂標識の立つ開けた場所がある。
そこからは展望が良く、釈迦ヶ岳から中岳、西平岳の稜線を一望する(写真下)。

11:40 鶏頂山山頂を出発。
往路を戻る。

takaharayama14
鶏頂山山頂からのパノラマ

takaharayama2

12:31 鶏頂山分岐に到着。小休止。

12:34 鶏頂山分岐を出発。

13:31 剣ヶ峰分岐に到着。
2つ先のピークが矢板市最高点(1590m)(写真上)になっている。ピークの端に標識(写真下)があるため朝は気が付かなかった。

takaharayama16
13:51 八海山神社に到着。小休止。

14:00 八海山神社を出発。
ここから東に下る林間コース(写真)に入る。

takaharayama24
笹が刈り払われた道をゆるやかに下り、ほぼ中間点の涸れた沢を横切る(写真)。
このコースは展望は全くなく、ところどころに木々の説明板があるが、興味がないと退屈なコースかも知れない。
左右から少し窪んだ地形が続き、ほどなく見晴コースと合流し駐車場に出る。

takaharayama25
14:45 大間々駐車場に到着(写真)。

 感想

時間的に余裕があれば、中岳経由で西平岳の往復(2時間ほどか)と、大入道経由の下山を目論んでいたが、ホテルのチェックイン時間のこともあり(これは言い訳)、何より全く足に余裕がなく(本音)諦めた。
アップダウンのキツイ鶏頂山の往復がかなり堪えた。

Copyright © 2017-2021 そこに山があるから,kazu. All rights reserved.