雁ヶ腹摺山

そこにがあるから

 

雁ヶ腹摺山 1,874m

簡易ルート図

gangaharasuriyamaotoge2012

 山行情報

山行日       2012年11月2日(金) 快晴

山頂所在地/山域  山梨県/大菩薩連嶺

アクセス/出発地  車/大峠駐車スペースから往復

行程詳細      大峠駐車スペース(10:00-10:10)→ 雁ヶ腹摺山山頂(11:05-12:00)→ 大峠駐車スペース(12:35)

所要時間      行動時間:1時間30分 休憩時間:55分 合計:2時間25分

服装/装備     長袖シャツ、半袖シャツ、トレッキングタイツ、トレッキングパンツ、登山靴

◎ 山行記録

すべての写真は、クリックすると拡大表示されます。
また、本文中にイタリックで
写真と記載されている場合は、青枠の写真にカーソルを移動すると、別の写真が表示されます。
山座同定に間違いがあるかも知れません。ありましたらこちらまでご連絡ください。 → コンタクト
 

tenguyamaotokoyama1
10:00 大峠駐車スペースに到着。
駐車スペースはほぼ満車状態で、トイレ横に1台分の空きがあり滑り込む。
その後も何台か来て、路肩に駐車する。

10:10 大峠駐車スペースを出発。
ゲート手前右の登山口(写真)の階段を上がると、登山ポストがある。確か左の牛奥ノ雁ガ腹摺山の登山口にはなかったのに、と思いつつゆるやかに登って行く。

gangaharasuriyamaotoge3

すぐに水場(写真上)のある小沢を横切り、しばらくは山腹をトラバース気味にゆるやかに登り(写真下)、折り返してからはジグザグに登る。

gangaharasuriyamaotoge1

尾根上の肩の様な場所に登り着き(写真上)、左に尾根を急登(写真下)する。

gangaharasuriyamaotoge7
南アルプス

途中に富士山を展望する場所があり、さらに登れば南アルプス(写真)を一望する。

gangaharasuriyamaotoge4

石垣のような岩(写真上)を左に回り込みカヤトを登れば、ほどなく姥子山への分岐(写真下)を右に見送り山頂に登り着く。

gangaharasuriyamaotoge5
富士山

11:05 雁ガ腹摺山山頂に到着(写真上)。昼食。
6月に別コースで登った時はガスでまったく見られなかった富士山だが、この日は良い具合に中腹に雲をまとっている。旧五百円札の富士山(写真中、下)を堪能する。
昼食の途中で次々と登山者がやって来て、賑やかになる。

12:00 雁ガ腹摺山山頂を出発。

gangaharasuriyamaotoge11
12:35 大峠駐車スペースに到着(写真)。

 感想

新しい登山靴の試し履き第三弾で、薄手の靴下と組合わせてみた。時間が短いので何とも言えないが、痛みは出なかった。
それから年賀ハガキ用の富士山をゲットしたこともあり、短かい山行ながら収穫は大きかった。

Copyright © 2017-2021 そこに山があるから,kazu. All rights reserved.