雁ヶ腹摺山、姥子山

そこにがあるから

 

雁ヶ腹摺山 1,874m、姥子山 1,503m

簡易ルート図

gangaharasuriyamakanayamakosenguchi2012

 山行情報

山行日       2012年6月30日(土) 曇り一時晴れ

山頂所在地/山域  山梨県/大菩薩連嶺

アクセス/出発地  車/金山鉱泉登山口から往復

行程詳細      登金山鉱泉登山口(7:35-7:50)→ 大岱山南尾根(8:16)→ 大岱山分岐(8:58)→ 金山峠(9:19)→
          百軒干場(9:27-9:35)→ 奈良子林道分岐(10:31)→ 姥子山(東峰)山頂(10:51-11:05)→
          雁ヶ腹摺山・姥子山分岐(11:16)→ 白樺平(11:26)→ 雁ヶ腹摺山山頂(12:15-13:00)→ 白樺平(13:22)→
          奈良子林道分岐(13:31)→ 百軒干場(14:05-14:10)→ 金山峠(14:17)→ 金山鉱泉登山口(15:12)

所要時間      行動時間:6時間10分 休憩時間:1時間12分 合計:7時間22分

服装/装備     半袖シャツ、トレッキングタイツ、トレッキングパンツ、登山靴

◎ 山行記録

すべての写真は、クリックすると拡大表示されます。
また、本文中にイタリックで
写真と記載されている場合は、青枠の写真にカーソルを移動すると、別の写真が表示されます。
山座同定に間違いがあるかも知れません。ありましたらこちらまでご連絡ください。 → コンタクト
 

item21
7:35 金山鉱泉登山口に到着(写真)。
登山ポストと案内板があり、路肩に6〜7台停められそうだ。
朝食にオニギリ1個。

gangaharasuriyamakanayamakosenguchi1
:50 金山鉱泉登山口を出発。
登山口(写真)から沢に降り、危うそうな小橋で渓流を渡り、斜面を右へトラバース気味に登る。

gangaharasuriyamakanayamakosenguchi15
すぐにジグザグの急登が続くようになり、しばらくして左折してゆるやかな小尾根に乗る(写真)。
すぐに尾根を外し、反対側の斜面のトラバースからジグザグの登りとなる。

gangaharasuriyamakanayamakosenguchi2
8:16 大岱山南尾根に到着(写真)。
小さなコブはあるものの、ゆるやかに尾根を登って行く。

gangaharasuriyamakanayamakosenguchi16
ときどき小ピークを巻きながら穏やかに高度を上げ、大きなピークを左に巻いた(写真)後、尾根との合流地点の分岐に着く。

gangaharasuriyamakanayamakosenguchi3
8:58 大岱山分岐に到着(写真)。
右に大岱山への道を分ける。
ほとんど平坦な道からピークを左に巻くと、下りにかかり渓流の音が聞こえ始める。

gangaharasuriyamakanayamakosenguchi17
ジグザグの下りになり、前方に高圧線の鉄塔を見る。
さらに下ると、左に薄いながら踏み跡が続き、左前方にピークに上がる踏み跡がある場所に着く(写真)。
少し行くと先ほどの鉄塔をすぐ左に見たため、先ほどの分岐場所が金山峠と思ってしまった。実際に地形図では送電線の手前に金山峠があることになっている。
ところが鉄塔を過ぎてほどなく道標の立つ金山峠に着く。

gangaharasuriyamakanayamakosenguchi4
9:19 金山峠に到着(写真)。
地形図が違うのか?送電線の鉄塔との位置関係が合わない。
とりあえず疑問はそのままにして先に進む。
右に道を取りピークを回り込むと、ほどなく林道に降り立つ。

gangaharasuriyamakanayamakosenguchi5
9:27 百軒干場に到着(写真)。小休止。
道標はあるものの、
百軒干場の表示はない。

gangaharasuriyamakanayamakosenguchi6
:35 百軒干場を出発。
しばらく林道をゆるやかにたどり、10分ほどのところにある道標(写真)を右に入る。

gangaharasuriyamakanayamakosenguchi18
急な斜面をジグザグに登り、尾根に乗る(写真)。

gangaharasuriyamakanayamakosenguchi19
ゆるい登りからやや傾斜が増すが、再びゆるやかになり朽ちた櫓(写真)を過ぎる。

gangaharasuriyamakanayamakosenguchi20
この後も緩急が交互する登りが続き、大きな岩(写真)を過ぎると林道に登り着く。

gangaharasuriyamakanayamakosenguchi7
10:31 奈良子林道分岐に到着(写真)。
正面石垣の雁ヶ腹摺山への登り口を見送り、右の姥子山方面に向かう。

gangaharasuriyamakanayamakosenguchi8
少し行くと道標の立つ雁ヶ腹摺山・姥子山分岐(写真)で、左の石垣沿いに上がると雁ヶ腹摺山、右の階段を降りると姥子山になる。

gangaharasuriyamakanayamakosenguchi21

右の階段を降り(写真上)雑木林の中をひと登りで稜線に出る。ピークらしくなく、標識などもないが、ここが姥子山西峰(P1503)(写真下)と思われる。
右へ稜線をたどり、すぐに左に外して急下降する。ゆるやかな登りから、岩場の左を上がれば姥子山東峰に出る。

gangaharasuriyamakanayamakosenguchi9
10:51 姥子山(東峰)山頂に到着(写真)。小休止。
山頂は狭いが展望は良く、ほぼ全周見渡せる。残念ながら北側の雁ヶ腹摺山には山頂部にガスが掛かっているが、南側は曇ってややかすんではいるものの展望はまずまずだ。

11:05 姥子山(東峰)山頂を出発。
往路を戻る。

gangaharasuriyamakanayamakosenguchi23
1:16 雁ヶ腹摺山・姥子山分岐に到着。
石垣の端から雁ヶ腹摺山への道に入る(写真)。
しばらく急登が続き、ゆるむと少し開けた平地に出る。

gangaharasuriyamakanayamakosenguchi10
11:26 白樺平に到着(写真)。
左から雨量計側の道が合流する。

gangaharasuriyamakanayamakosenguchi11
一部ゆるむ場所はあるものの、ずっと尾根上の急登が続く。左に尾根が見えると、ほどなく大峠からの道(写真)と合わさり、右へわずかで山頂に着く。

gangaharasuriyamakanayamakosenguchi12

12:15 雁ヶ腹摺山山頂に到着(写真上)。昼食。
まずまずの広さで、草地もあり休憩に良い。ただ、この時期は仕方がないのだが、虫が多いのには閉口する。
大月市富嶽十二景の一番山頂で、五百円紙幣に描かれた富士山写真下はここから撮られたものだそうだが、残念ながら今日はガスで全く何も見えない。

gangaharasuriyamakanayamakosenguchi24
13:00 雁ヶ腹摺山山頂を出発。
大峠への分岐で単独の登山者とすれ違う。白樺平で姥子山への分岐を左に見送る。
5分ほどで雨量計(写真)を見送り林道に降り立つ。

13:31 奈良子林道分岐に到着。

14:05 百軒干場に到着。小休止。

14:10 百軒干場を出発。

gangaharasuriyamakanayamakosenguchi14
14:17 金山峠に到着(写真)。
往路を左に見送り直進し、急斜面をジグザグに下る。

gangaharasuriyamakanayamakosenguchi25

傾斜がゆるみ沢沿いになると崩壊した場所(写真上)に出る。
4〜5mほどの高さで斜面が削られ、完全に道がなくなっているが、少し戻れば沢底との高低差がわずかなので、そこから簡単に降りられた(写真下)。また、誰かが降りた(登
った?)跡も付いている。

gangaharasuriyamakanayamakosenguchi26
すぐにもとの道に復帰し、渓流を何度も渡り返し(写真)ながら進む。

gangaharasuriyamakanayamakosenguchi28

渓流から離れると、かなり傷んだ林道(写真上)に出て、道なりにたどる。
途中に崖崩れで道が塞がれている場所(写真下)があるが、注意して越えれば問題ない。

15:12 金山鉱泉登山口に到着。

 感想

登り始めと後半は急登が続くが、それ以外は概ねおだやかな稜線歩きや林道歩きとなる。
天候のせいか登山者とはほとんど出会うことはなく、静かな山行になった。500円札の富士山を見られなかったのは残念だ。
下山の金山峠から林道に出るまでは、急下降があったり、崩壊気味で荒れた斜面もある。それほどの高低差はないので、慎重に下れば問題ない。林道も一箇所崖崩れの土砂が道路を塞いでいるが、幅3mほど、高さ1mほどなので乗り越えられる。
金山峠の位置が違う。実際には地形図に記されている金山峠の西にある小ピーク先のコルになる。

金山峠の道標に落書きがある。正確な文言ではないが、「道を作ったのなら、きちんと整備しろ」のようなことだ。おそらく沢へ降りる途中の崩壊地のことだろう。なんとも嫌な気持ちになった。書いた登山者は危険を放置するなとの思いだろう。思うのは自由だが、落書きはいけない。自然に危険は付きもの。危ないと思ったら歩かなければいい、引き返せばいい。
っで、管理者に連絡したのだろうか?書きっ放し?

 日帰り温泉

imakuranijurokuya2011
都留市温泉 芭蕉 月待ちの湯

山中湖近くの国道138号線を1本西側に入ったところにある。「富士山を仰ぐ絶景の日帰り温泉」の謳い文句通り内風呂からも富士山を見られる。
全身浴・ジェットバス・気泡湯・寝湯・源泉ぬる湯・かぶり湯などのある室内大浴場や2種類の露天風呂(石の湯、檜の湯)。2種類のサウナ(ドライサウナ、ミストサウナ)など盛り沢山で楽しめる。ただ、観光客が多い場所がら、いつも混んでいる。
料金は800円だが、観光地だからこんなものか。。。

(注意)当施設は感想後の、2016年4月17日リニューアルオープンしています。

Copyright © 2017-2021 そこに山があるから,kazu. All rights reserved.