山の辺の道〜北コース〜

そこにがあるから

 

山の辺の道 〜 北コース 〜

簡易ルート図

yamanobekita2011

 山行情報

山行日       2011年5月2日(月) 快晴

山頂所在地/山域  奈良県/近畿

アクセス/出発地  車/JR天理駅前駐車場 近鉄天理駅から縦走

行程詳細      JR天理駅前駐車場(5:44)→ JR天理駅(6:05-6:24)→ (JR桜井線)→ JR奈良駅(6:40)→
          近鉄奈良駅(7:00)→ 興福寺五重塔(7:12)→ 春日大社(7:58-8:03)→ 新薬師寺(8:21)→
          白毫寺(8:42)→ 崇道天皇八嶋陵(10:00-10:05)→ 円照寺(10:19-10:24)→ 弘仁寺(11:12-11:22)→
          白川ダム(11:42-12:05)→ 布留の高橋(13:19)→ 石上神宮(13:30-13:40)→
          JR天理駅前駐車場(14:18)

所要時間      行動時間:7時間1分 休憩時間:1時間17分 電車移動時間:16分 合計:8時間34分

服装/装備     長袖シャツ、半袖シャツ、トレッキングタイツ、トレッキングパンツ、トレッキングシューズ

◎ 山行記録

すべての写真は、クリックすると拡大表示されます。
また、本文中にイタリックで
写真と記載されている場合は、青枠の写真にカーソルを移動すると、別の写真が表示されます。
山座同定に間違いがあるかも知れません。ありましたらこちらまでご連絡ください。 → コンタクト
 

yamanobekita1
5:44 JR天理駅前駐車場に到着。

6:05 JR天理駅に到着(写真)。
駅舎も大きく立派だが、駅前広場の広大なのには驚いてしまった。JRとは言えただのロ
ーカル線なのに、まるで新幹線が停車する駅と見紛うばかりだ。

6:24 JR天理駅乗車。
200円。JR桜井線。。。やはりローカル線だ。

yamanobekita23
6:40 JR奈良駅降車(写真)。
こちらもかなり大きな駅舎で、しかもカラフルときた。ここも駅前が広い。
JR奈良駅前交差点にある石灯籠を抜けて県道を北上、国道369号線に行き当たり右折する。
しばらく行って近鉄奈良駅の地下入口を過ぎ、高天交差点を渡ってバス停を過ぎると近鉄奈良駅に着く。

yamanobekita15
7:00 近鉄奈良駅に到着。
そのまま車道を直進し、ゆるやかに登り最初の道を右に入るのだが、興福寺中金堂の改築工事のため通行止めのため、その先の県庁手西交差点(写真)を右折する。
入口には案内板と名勝奈良公園と刻まれた石柱が立ち、車止めがあり歩行者だけが通行できる参道のようになっている。
石畳を進むとほどなく左前方に五重塔が見えてくる。

yamanobekita2

7:12 興福寺五重塔に到着(写真上)。
手前の東金堂と五重塔の間を入り、奈良公園の鹿(写真下)を見ながら進む。
奈良国立博物館への道を左に見送り、春日大社の表参道に出る。

yamanobekita24
道は春日大社境内の鬱蒼とした森の中を万葉植物園の前で右にカーブし、道の両側に灯籠(写真)が立ち並ぶ。
ニの鳥居を潜り真っ直ぐ進めば、ほどなくして南門前に出る。

yamanobekita3
7:58 春日大社に到着(写真上)。参拝。
南門を入ると、正面に参拝所があり、左に銘木砂ずりの藤がある。
参拝所の奥には大杉、右奥には本殿への入口となる中門が見えている。
通常入れるのはここまでのようで、本殿の参拝をするには右の特別参拝受付で申込むようだ(初穂陵500円)。

yamanobekita19
8:03 春日大社を出発。
ニの鳥居の先の春日大社境内図の案内板まで戻り、左の下の禰宜道へ入る(写真)。
すぐに右に分岐するがそのまま直進し、さらに中の禰宜道を右に見送る。左から上の禰宜道が合わさり、ほどなくして車道を横切り、突き当たりを右折する。
少し先の左カーブになった十字路を左折(道標や石柱あり)、ほどなく新薬師寺の東門前を過ぎ、先の三叉路を右に折れると拝観受付のある南門前に出る。

yamanobekita4
8:21 新薬師寺に到着(写真)。
拝観料は600円で、拝観時間は午前9時からなので、当然この時間では拝観できない。
三叉路を東へ直進し、要所にある山の辺の道の石柱に従って道なりに進み、右カーブの先を左に入る。

yamanobekita25
能登川を渡った先の丁字路をを右に進むと、ほどなく右手に宅春日神社(写真)のある変則五叉路に出る。

yamanobekita30
左側の直進路を少し行き、道標と石柱のある十字路(写真)を左折すれば、白毫寺参道前に出る。

yamanobekita5
8:42 白毫寺(びゃくごうじ)に到着(写真)。
石段を登ると門が閉ざされていて先に進めない。
ここも拝観は9時からで、400円となっている。
秋の萩が有名らしい。

yamanobekita6
十字路まで戻り左折、左に東山霊苑を見送り、県道80号線に出て左へ進む。
横断歩道のところにある道標に従って、道路を渡って50mほど行くと、墓地手前のフェンスの扉に山の辺の道とあり(写真)降りて行く。

yamanobekita31
扉を抜け貯水池沿いから畑の中を通り農道を左へ、すぐ先のビニールハウスの手前を右に入る。
小さな橋を渡りY字路を左に上がり、さらに先のY字路を右に行くと、左に八坂神社の参道が分岐する。
参道を進み鳥居を潜り(写真)境内右の石段を上がると、6つの小さな社が出迎えてくれる。

yamanobekita27
参拝後戻って車道を横切り溜池を右に回り込む(写真)。

yamanobekita8

竹林の入口の分岐(写真上)を右に入るが、徐々に踏み跡が不明瞭となり左の道の先の不動明王堂前(写真下)に出る。
そのまま先に進むと先ほどの道が右から合流、ほどなく車道に出て左折する。

yamanobekita7
道なりにしばらく進み、団地先を左に入り橋(写真)を渡り右折する。
畑の中の道をたどり、舗装された農道に行き当たって左折、すぐ先を右折して車道に出たら直進方向に進む。

yamanobekita26

白山比咩神社前(写真上)を道なりに右に進み、すぐに左の脇道に入り最初の十字路を直進、先の右カーブを曲がると右手に嶋田神社がある。境内に入ると奥に小さい真っ赤な社(写真下)があり、簡単に参拝し先に進む。

yamanobekita9
10:00 崇道(すどう)天皇八嶋陵に到着(写真)。見物。
正面の門を見ることができるだけで、当然ながら中には入れない。
入口左に管理人が常駐しているようだ。

yamanobekita32
10:05 崇道天皇八嶋陵を出発。
前池の横を左に入り(写真)、池沿いに進み竹林を抜けた突き当たりの山道を左にたどる。

yamanobekita33
竹林を抜け無縁仏の墓石群(写真)を過ぎると、道は雑木林の中をゆるやかに下り円照寺参道に降り立つ。
左にたどれば黒門からほどなく円照寺山門前に着く。

yamanobekita10
10:19 円照寺に到着。拝観。
山門(写真)を入った左手に拝観できないとの立て札があるため、中のトイレの所まで入
って(トイレは使用可)ちょっと様子を見て引き上げる。
美しい尼寺との評判らしく、また人が入らないこともあり確かに綺麗だ。

yamanobekita34
10:24 円照寺を出発。
黒門(写真)まで戻り左の石段を上がる。
大師堂を右に見て進み、石段を下り赤い鳥居を潜る。
大きな溜池の前の車道を右に進み、丁字路に行き当たって右折、すぐ先を左折、ゆるやかに登る。途中で北側に興福寺五重塔が霞みの彼方に見える。

yamanobekita17
車道に出て左へ曲がるが、しばらくは退屈な車道歩きが続き、13分ほどで県道187号線との交差点(五叉路)(写真)に出る。行き先の弘仁寺は右前方の道路を使った方が近そうだが、ここは左前方の正暦寺方面の県道187号線経由で弘仁寺に向かう。

地図を確認すると左は県道187号線旧道で、右はバイパスのようだ。

yamanobekita35
道なりに行くと正面に大きな登計が置かれた丁字路(写真)に着く。ここは柳茶屋BSで、道標や案内板もある。

yamanobekita18
道なりに右に県道をたどり、火の見やぐらを右の脇道(写真)に入る。

yamanobekita36
車道を横切り民家の左横を抜け(写真)、Y字路を右に取り石段を上がれば山門前の参道に飛び出す。

yamanobekita11
11:12 弘仁寺に到着(写真)。参拝。
入山・拝観時間は9時からで、入山料は200円(拝観料は400円)。
料金箱に入山料を入れ山門を潜る。
緑に囲まれた境内はそれほど広くはないが、右手の一段高い所に鐘堂、明星堂、本堂と建ち並び、西側にはお茶処がある。
後でネットを調べてわかったのだが、3月から12月下旬にかけて様々な花を楽しめるようだ。この日は山門を入った所に藤が見られた。また、秋の紅葉(11月下旬)もなかなか良さそうだ。

yamanobekita37
11:22 弘仁寺を出発。
お茶処の先の石段を下りて、突き当たりを左へ進み、車道に出て右折する。道標があり、天理・石上神社方面に向かう(写真)。

yamanobekita38
直進方向が通行止めになった道を道なりに右に進み、しばらくして左に道標の立つ脇道に入る。右下に古墳公園を見ながらゆるやかに登れば、右側に白川ダムの標石(写真)が見えてくる。

yamanobekita12

11:42 白川ダムに到着(写真上)。昼食。
均一型アースダムで、こちらの入口には管理センターや石碑、案内板などがある。
左に放流口、正面には湖面に飛び出した取水塔、反対側に流入口があり、南側に古墳公園や万葉の森、運動場などが並ぶ。
南側の堤を進み中央辺りの東屋の立つ休憩場(写真下)で昼食を取る。
北側の低い山並みを眺めながらノンビリと過ごす。

yamanobekita39
12:05 白川ダムを出発。
堤を南へ向かう。
車道と合流して流入口水路に沿って進み、県道の高架を潜れば、ほどなく名阪国道の高架に行き当たる(写真)。少し右へ進み高架を潜って車道を横切り、果樹園の中の道をたどる。

yamanobekita20
左に大きな配水タンクを見送ったら、県水系石上低区配水池のゲート前の三叉路を左に入り、2つの配水タンクの間を進む(写真)。

yamanobekita41
ブドウ畑の手前を左に入り竹林を抜けると、簡易舗装路に出て右折する。
途中でハナショウブの栽培畑を見て先に進み、県道51号線に出て右折する。
右手に広がる天理教の広大な施設を見ながら県道を歩き、豊井町交差点の先の寮の看板のある脇道に入る(写真)。

yamanobekita21
ゲートに行き当たったら右の簡易舗装路に入るが、すぐに左の道標に従って山の辺の道(地道)(写真)に入り、天理教の施設の裏手の山裾をたどる。

yamanobekita42
豊日神社を正面に見て右に曲がると神社参道(写真)に合流する。豊日神社を参拝して先に進み、車道に出る。
左折してすぐに右手の天理教の信者詰所の先を右に入る。

yamanobekita13
13:19 布留の高橋に到着(写真)。
普通の小さな橋だが、万葉集にも詠われ、全国の高橋姓のルーツらしい。
橋を渡り、右に山裾の道をたどる。

yamanobekita43
車道に出てすぐに左の脇道(写真)に入り、石畳の道を登って行くと、前方に石上神宮の楼門が見えてくる。

yamanobekita14
13:30 石上(いそのかみ)神宮に到着(写真)。参拝。
楼門を入り正面の拝殿に参拝する。境内には数羽の鶏が放し飼いされている。
楼門を出て右に降りると灯籠が建ち並び、東屋風の休憩舎がある。
ここは山の辺の道南コースの出発地点でもある。

yamanobekita22
13:40 石上神宮を出発。
参道を進み県道51号線に出て右折する。
布留交差点を左折し、左カーブで直進方向に進む(写真)。

yamanobekita44
右に天理教本部の広大な礼拝場を見ながら進み、商店街のアーケードに入る(写真)。
やたらと黒地に白く天理教と染め抜いたハッピ姿の人(写真)が目立つ。何か祭りでもあるのだろうと思いきや、後で観光案内所で聞くとこれが日常の風景なのだそうだ。信仰が深いのだろう。。。
賑わうアーケードを抜けると天理駅前南交差点にでる。

14:18 JR天理駅前駐車場に到着。
隣の観光案内所に立ち寄り明日の南コースの資料を入手する。
案内のおばさんは親切だった。

 感想

新薬師寺や白毫寺は拝観時間前、円照寺は拝観不可と残念だった。拝観時間に合わせるため、スタートが1時間遅れでも良かったかも知れない。
コースは小刻みに右左折する場所があるが、道標さえ見過ごさなければ迷うことはない。ただ、八坂神社先の竹林での分岐道は踏み跡が一部
不明瞭なので注意が必要だが、真っ直ぐ突き進めば問題ない。
寺社巡りの感があるがある中、白川ダムは休憩や気分転換に持って来いだ。

ネット上には幾つかのコースマップが見つかるが、お薦めは近鉄のホームページにある「てくてくまっぷ」だ。
見た目は分り難そうだが、細かな分岐道や注意書きが記載され、実際に歩いて見ると非常にわかりやすい。

Copyright © 2017-2021 そこに山があるから,kazu. All rights reserved.