日金山(十国峠)、岩戸山

そこにがあるから

 

日金山(十国峠) 771m、岩戸山 734.4m

簡易ルート図

higanesaniwatoyama2011

 山行情報

山行日       2011年10月10日(月) 曇時々晴れ

山頂所在地/山域  静岡県/箱根山

アクセス/出発地  車/姫の沢公園さざんか駐車場から周回

行程詳細      姫の沢公園さざんか駐車場(9:45-10:00)→ いこいの森標柱(10:27)→ 姫の沢橋(10:54)→
          (野鳥の森)→ 日金山東光寺(11:05-11:27)→ 岩戸山分岐(11:34)→ 岩戸山山頂(11:53-12:00)→
          日金山東光寺(12:20)→ 日金山霊園(12:25)→ 日金山(十国峠)山頂(12:35-12:45)→
          芝生広場(12:50-13:00)→ 姫の沢公園峠の駐車場(13:10)→ アスレチック広場(13:40)→
          姫の沢公園さざんか駐車場(13:50)

所要時間      行動時間:3時間1分 休憩時間:49分 合計:3時間50分

服装/装備     半袖シャツ、トレッキングタイツ、トレッキングパンツ、ハイキングシューズ

◎ 山行記録

すべての写真は、クリックすると拡大表示されます。
また、本文中にイタリックで
写真と記載されている場合は、青枠の写真にカーソルを移動すると、別の写真が表示されます。
山座同定に間違いがあるかも知れません。ありましたらこちらまでご連絡ください。 → コンタクト
 

higanesaniwatoyama11
9:45 姫の沢公園さざんか駐車場に到着(写真)。
この時間で駐車場はほぼ満車状態。公園の人気ぶりが窺える。

higanesaniwatoyama12

10:00 姫の沢公園さざんか駐車場を出発。
トイレ先の石段を上がり、スイレンの池のある広場(写真上)に出る。
池の前にある案内地図(写真下)で地形図にない公園内の遊歩道などの細かい道を確認し、最初の目的地である日金山東光寺までのコースを決める。
この後も公園内には要所に同じようなガイドマップがある。

higanesaniwatoyama16
池の左の広い石段を上がり、分岐を右、左と進み、アスレチックコースに出たら右へ、さらに小さな蛍橋を渡り姫の橋への近道(写真)を左に見送り右に進む。

higanesaniwatoyama15

アスレチックコースは途中で左に入り(写真上)、No33へと向かう未舗装の道に変わる。No31で舗装路に出て左に道を取る(写真下)。

higanesaniwatoyama17
トイレ前を過ぎ、舗装路をショートカットするように続くアスレチックコース(写真)をたどる。

higanesaniwatoyama19
途中の分岐(写真)で笹の広場への道を右に見送り、ゆるやかな下りになると姫の沢橋たもとのトイレが見えてくる。

higanesaniwatoyama1

10:54 姫の沢橋に到着(写真上)。
トイレの背後から石段を上がり、鬱蒼とした雑木林の中を沢沿にゆるやかに登る(写真下)。
最近の大雨や台風の影響か道はやや荒れ気味だ。

higanesaniwatoyama14

彼岸花の群生や野鳥の森(写真上)、小沢を過ぎ、尾根上の溝状の道(写真下)をジグザグに登れば、日金山永代塔の前に飛び出す。

higanesaniwatoyama2
11:05 日金山東光寺に到着(写真)。小休止。
正面に本堂がある。

higanesaniwatoyama22
11:27 日金山東光寺を出発。
本堂と反対側の石仏の道案内図の前から石仏の道に入る。
すぐに湯河原への道(写真)を左に見送り、ゆるやかに下って行く。

higanesaniwatoyama3
11:34 岩戸山分岐に到着(写真)。
カヤトの原で石仏が祀られている角を左に入り、巡視路を左に見送る。

higanesaniwatoyama23
両側が笹の道をゆるやかに下り、登りにかかると唯一左側が開けた場所で箱根方面を望む。
さらにゆるやかに登り山頂への近道(写真)を左に進むと、ほどなく山頂に飛び出す。

higanesaniwatoyama4
11:53 岩戸山山頂に到着(写真)。小休止。
笹に囲まれた山頂は狭いが、南側の熱海市街方面の展望が開ける。
残念ながら今日はガスで遠景は望めない。

12:00 岩戸山山頂を出発。
往路を戻る。

higanesaniwatoyama5
12:20 日金山東光寺に到着。
本堂左の舗装路の坂を登り(写真)、前方が開けると日金山霊園の前に出る。

higanesaniwatoyama24

12:25 日金山霊園に到着(写真上)。
右前方の車止めのある急坂を登ると、前方に芝生の広場が広がり、奥に円筒型の日金山頂上駅が見える(写真下)。
芝生広場の左側の道を進み、ゆるやかに登れば山頂駅の立つ山頂に着く。

higanesaniwatoyama6

12:35 日金山(十国峠)山頂に到着(写真上、下)。小休止。
ほぼ360度の展望だが、この日は富士山は雲の中、沼津アルプスから愛鷹連峰、箱根山方面は霞気味で残念な状況だ。
少し風が強いのと人が多いこと、あまりにも人工的で味気ないことなどで、ここでの昼食を諦める。

12:45 日金山(十国峠)山頂を出発。
往路を戻る。

higanesaniwatoyama7
12:50 芝生広場に到着(写真)。昼食。
芝生の上に座って昼食を取っていると、ときおり富士山の山頂が顔を覗かせる。

higanesaniwatoyama27
13:00 芝生広場を出発。
日金山霊園前から姫の沢公園のアスレチックコース入り口には入らず、車道を熱海峠側へ
下る(写真)。

higanesaniwatoyama8

13:10 姫の沢公園峠の駐車場に到着(写真上)。
駐車場前のトイレ前の道を入る。
急な下りが続き、森の中に分岐する紅葉谷ハイキングコースを右に見送る。
アスレチックNo.11(写真下)がある辺りのカーブを右に入り、すぐに紅葉谷ハイキングコースと合流する。

higanesaniwatoyama28
雑木林の尾根道を急下降した後、道はヒノキ林(写真)の斜面をトラバース気味にゆるやかに下り、沢をたどって舗装路に飛び出す。

higanesaniwatoyama10
13:40 アスレチック広場に到着(写真)。
舗装路を右にたどれば、左にピクニック広場を見ながら進み、中央の石段を横切り駐車場への道に入る。

13:50 姫の沢公園さざんか駐車場に到着。

 感想

4年前の2007年1月に日金山と岩戸山は登っている。その時は湯河原駅から日金山ハイキングコースを登り、石仏の道を経由して来宮駅
に降りた。
今回は朝突然思い立ったので、姫の沢公園をベースに廻ることにした。
軽い気持ちで登ったが、その気持ち通り足取りも軽く登れた。
姫の沢橋から日金山東光寺への道は足元が悪いが、それ以外はスニーカーなどでも問題ない。家族でのハイキングにもちょうど良い。

Copyright © 2017-2021 そこに山があるから,kazu. All rights reserved.