GPSログの活用〜CSVで標高グラフ Numbers編

そこにがあるから

 

GPSログの活用〜CSVで標高グラフ Excel編 GPS data log to practical use ~ altitude Numbers

◎ 前書き
これはAppleのNumbersでの操作をもとに作成しています。
グラフの編集操作についても記載していますが、詳細についてはユーザー自身で確認してください。

環境は以下
 macOS Sierra バージョン 10.12.6
 Numbers バージョン 4.3.1

1.CSVファイルをNumbersで開く

csv11 

2.①「行1」を右クリック → ②[ヘッダ行を上に追加]をクリック

csv12 

3.①「セルB2」をクリック → ②[ヘッダ行]を[1]に変更

csv13 

4.①「列B」を選択 → ②[グラフ]をクリック → ③[2D面]を選択

csv14 

5.グラフが生成される

csv15 

6.①「グラフのタイプ」を確認 → ②グラフのサイズを任意に設定 → ③「グラフオプション」で[タイトル]と[枠線]をチェッ
  ク

csv16 

7.座標軸を設定
  ①[座標軸]をクリック → ②[値]をクリック → ③「軸オプション」の[軸名]と[軸線]をチェック → ④「軸目盛り」
  を任意に設定(例は、最小=1,400、メジャー=6)⑤「カテゴリ」をクリック → ⑥「軸オプション」の[軸名]と[軸線]を
  チェック → ⑦「カテゴリラベル」を任意に設定(例は、カスタムカテゴリ間隔、表示する間隔=100) → ⑧「ラベル角度」
  を任意に設定(例は、左(斜め))

csv17csv181 

8.グラフ完成

csv182 

9.距離をmからkmに変更する

 9−1.①「列A」のいずれかのセルを右クリック → ②[ヘッダ列を後ろに追加]をクリック

csv19 

 9−2.①「セルB2」をクリック → ②数式ボックスに「セルA2/1000」を入力 → ③[レ]をクリックして確定

csv20 

 9−3.「セルB2」を選択 → 選択範囲の枠線の上までポインタを移動 → 黄色の自動入力ハンドルを表示させる → ハンドルを
    最終行までドラッグ(画像左)または「セルB2」の数式をコピー → ①「列B」を選択・ペースト → ②「セルB1」の数式
    を削除(画像右)

csv21csv22 

 9−4.「列B」の少数の桁数を2に設定

csv23 

 9−5.①[座標軸]のラベル参照のボックス内をクリック → ②全データを選択 → 削除

csv24 

 9−6.①「セルB2」を選択 → 選択ハンドルをデータ最終行までドラッグ → ②ラベル参照のボックス内に選択範囲が表示される
    → [レ]をクリックして確定

csv25 

 9−7.①距離が変更される → ②行ごとの表示変わる

csv26 

作成日:2017年11月16日(木)   新規作成

Copyright © 2017-2021 そこに山があるから,kazu. All rights reserved.