Apple Trade InでiPhone 6s Plusを下取りに出す (Full ver.)

そこにがあるから

 

Apple Trade InでiPhone 6s Plusを下取りに出す (Full ver.) iPhone 6s Plus with Apple Trade In(Full ver.)

iphone1 前書き

Apple StoreでiPhone 12を注文時(12月2日)、iPhone 6s Plusを下取り登録しました。つまりApple Trde Inを利用しての下取りをやるってことですね。今回が初めてです。
注文後8時間ほどで「下取りの手続きのために少し情報が必要です」というメールが来ました。
主な内容は、配送業者の予約、下取り対象デバイス・価格・14日以内の期限、下取りデバイスの準備(初期化)の3点です。
14日間の期限があるので、iPhone 12が届きセットアップを完了してからと思い、12月3日に手続きをしました。
特に難しいことはないが、そのときの手順を書き留めることにします。

iphone2 事前準備

・Apple IDのパスワード
・身分証明書2種類の表と裏の写真(一枚が3.2MB以下)。無地の背景で明瞭な写真とあります。
 私は運転免許証と健康保健証を選びました。残念ながらマイナンバーカードは選択肢にありませんでした。なんで?
 事前にデジカメ(iPhoneを使えよ😅)で撮影し、iMacに取り込み1024×876 200KB前後にリサイズしました。
 (注)規定により健康保険証では被保険者等記号・番号、保険者番号、QRコード(該当する場合)を隠す必要があります。黒塗りしま
    しょう。

iphone Apple IDでサインイン

1.送られてきたメールの「下取りの手続きのために少し情報が必要です」の[配送業者を予約]をクリックする。

item3

2.Apple Storeの「ご注文の概要」に移動するので、[サインイン]をクリックしApple IDでサインインする。

AppleID1AppleID2

3.「もう少しだけ情報が必要です」で[下取りプログラムのパートナーのウェブサイトに進む]をクリックする。

item7

iphone3 個人情報と確認できる書類のアップロード

4.「追加の情報を入力して下さい」で個人情報の生年月日と職業を選択する。名前と住所を確認できる書類を2種類アップロードする。
(注)規定により健康保険証では被保険者等記号・番号、保険者番号、QRコード(該当する場合)を隠す必要があります。黒塗りし
ましょう。

item22

item11

item30

5.無事アップロードできると[送信して続ける]がアクティブになるのでクリックする。

iphone4 集荷予約

6.「集荷を予約してください」で集荷日と時間帯を選び、[配送業者による集荷を予約する]をクリックする。

item9

7.「お客様の下取りの詳細」で予約内容を確認する。
[カレンダーに追加]をクリックすれば、忘れ防止になるでしょう。また、[デバイスを下取りに出すための準備方法]をクリックすると、初期化方法などがアップルのサイトで確認できます。

item12

iphone5 集荷と集荷後の状況

8.集荷前日に「リマインダー:お客様が予約された配送業者が明日お伺いします。」メールが来ます。

item15

9.当日は集荷人にiPhone 6s Plus本体を手渡し、荷受印の押された伝票を受取れば集荷は完了です。伝票は105mm×65mmと小さいので無くさないように。。。本当に拍子抜けするほど簡単です。
前日のメールの[集荷の詳細を見る]をクリックすると集荷後の状況を確認できます。

item16

10.12月16日に「お客様への返金を処理中です」メールが来た。

item19

さらに集荷前日メールの[集荷の詳細を見る]を確認すると、「すべて完了しました」になってました。

item27

iphone8 感想

キモは事前に確認用の写真を撮っておくことですね。そしてリサイズと健康保険証の黒塗りも忘れないこと。
手続き自体はモノの数分で終わり、後はひたすら「お客様への返金を処理中です」メールを待つだけ。

梱包する手間もなく、実に簡単でした。

作成日:2020年12月18日(金)   新規作成

Copyright © 2017-2021 そこに山があるから,kazu. All rights reserved.